Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

05月« 2018年06月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»07月

私が甘かった・・・・

今日もドンヨリ、湿度も高く・・・ のそんな季節。



今日は

母のクリニック受診しようと思っていましたが、

母、昨夜0:30には熱上がらず。36.6℃。

早朝も36.6℃。

起床時は36.5℃。


あらま、ず~と平熱ね と、

もしかして治癒したかしら。。。。。 と考えて、


無理に投薬する必要はないかな と

今日のクリニック受診を中止しました。



が、

やっぱり午後から上がり始めました・・・・・!

37、4℃。。。。 ジワリ感・・・・


やっぱり私が甘かった・・・・ 




何が何でも投薬することにしました。

明日熱があろうがなかろうが。


一挙に炎症を止めて菌を殺すことにしました。



母は熱が上がる以外はお元気ちゃんです 



今日の母のおやつ。
180612_1447~01

ヨーグルトと米麹甘酒。両方とも自家製。 ブルーべりー乗せて。

自家製玉ねぎ皮茶で水分補給兼ねて。


腸内環境整えて免疫力高めるのに。

母は大好きですよ~  甘酒の甘さのせいでしょう~


爪を切りましたよ。
180612_2034~02

母の爪は柔らかく伸びるのも早いです。


母は今日も穏やかに過ごしてくれました。


この平和がいつまでも続きますよ~に。


            クリックお願いします
                 ↓
              












明日は受診で投薬予定で

母の熱は

上がったり、平熱に戻ったり の繰り返しです・・・


今朝起床時は熱が下がらず、

訪問マッサージの日でしたが

キャンセルして。



この間先週の金曜日に咳と痰が出ましたが

今日はそれ以来久しぶりに痰が出ていました・・・・


38℃超えはないのですよ。

37,7℃止まりです。



軽い肺炎を起こしている感じですので

こうまで長く熱が続くのでしたら

明日クリニック受診しようと思っています。



抗生剤の投与ですね。


先生は

投薬は腸内環境の安定を壊す ということで

むやみに投薬しませんが、

もうそろそろ投薬してスッキリさせた方が母は楽でしょう。



といっても

母は消耗感は全然なし。

いつも完食だし 


車椅子に座っていても背をきちんと立てています。



自分の免疫で闘っていますね。


でも自然治癒まで時間もかかりそうですし、

そろそろ抗生剤の投与で免疫力を援護してあげて。



夜間は毎晩発汗しますし、

梅雨に入っての熱中症の予防も含めて

水分補給に十分気をつけています。



毎回食事の時に摂る、玉ねぎ皮茶と菊芋のゼリー。明日の分。
180611_2109~03

明日は「フェアー」利用日ではありませんが

私一人で母を車椅子ごと外階段は降ろせませんので

「フェアー」のスタッフに外階段を降ろすのをお願いしなければ。


友人に頼もうかと思いましたが

車椅子の扱いに慣れた人でなければ、やっぱり危険です。

で断念。

        
         クリックお願いします
              ↓
         













ふたりで安静と休息

今日も

日中も熱下がらず の母でした。

最高37.6℃でした・・・・・



顔は熱くなく表情も普通です。

但し、身体が熱いのですよ~


発汗もあります。

体内で免疫機能が闘っていて、

熱を下げようと発汗して体温下げようとしています。



金曜日に出た咳と痰はその後出ていません。

そして食欲はいつも通り旺盛。

はぁ~ありがたい。 ここで救われています、私。



今日はベッドで過ごしてもらいました。

安静というほどのことではないのですが。


私も母のその部屋にノート型PC持ち込んで

家内作業も何もせずに母のそばで一日過ごしました。



途中、母のベッドに潜り込んで

お昼寝させてもらって 


母の手を握るとギュと握り返してきます 



母の温もり感じながら

私は1時間半も爆睡でした~ 


ま、夜間ちょこちょこ起きて母の検温やら着替えやらで

ここ最近寝不足気味もありますから。



母には安静を取ってもらいながら

私はそれに便乗しての休息となりました。




こちらは雨。

でもわんシェルのお付き合いは欠かさず。

このかた、外でしかオチッコしませんから。


これから行ってきまぁ~す  

今は一日3回でぇ~す

osannpo.jpg


我が家に引き取った時、

室内でのペットシーツにオチッコを とトレーニングしましたが

無駄でした・・・    本人、まるでやる気なし  


ま、外飼いの子だったようですから

そうよね~ 今更ね~。。。 ということで、

そういうことで無理せず私が諦めて。


雨が降ろうと槍が降ろうと お外でオチッコ 



         クリックお願いします
              ↓
          











熱下がらず・・・う~~ん・・・・

ず~とここ数日、

夕方以降に熱が上がって

翌朝には平熱を戻る を繰り返す人になっちゃっている母ですが


今朝からは平熱に戻らず・・・・ 



38℃超えはまだありませんが

37.7℃・・・ (平熱36.5℃だから。。。)




今日土曜日は

母は「フェアー」にお風呂入りに、私は英語授業がふたつ。


う~~ん と、

母の「フェアー」通所はキャンセルして入浴は中止、

私は午前中授業だけ中止キャンセルして

午後だけ授業にして の段取り。



午後授業の時に生徒に出す ”召し上がれ” も

「今日はメシなし」 メールをして。



母は私の授業中は落ち着いていつも通りの車椅子で待機でした。




授業終了して、まず う~~~ん、


わんシェルのお外でオチッコと母のおトイレ介助、

どっちを先にするか。。。で、まずわんシェル。

このかた、すぐしてくれるから終わるから。


母の場合はそうはいかない。。。。


で、わんシェルも母も終了した後、

こんどはふたりのご飯タイム。



但し、母は食事は完食してくれています。
180609_0954~01

人参・カブの甘酢漬けをゼリーにして。
チキンミンチ・ズッキーニ・パセリを味噌を使って。
Green Smoothie バナナ・リンゴ・キュウイ・ほうれん草・人参葉・ケールで。
長ネギたっぷりの梅干し玄米粥。
里芋の生クリームポタージュ。

エネルギー充填、いつものように。



今も熱下がらず。

ちょっと前には汗を掻いていたのでパジャマを着替えてもらいました。

身体を拭きながら 「お母さん、サッパリするわね~」 と。



そしていつもなら

スーピィースーピィー  のこの時間帯ですが

何故か眠らないのですよ。。。


熱で身体の違和感を感じているのかも・・・ですね。


重度のアルツハイマー型認知症で高齢ですから

何が起きているか母は自分でもわかりませんし、

私にとってもそもそもいつ何が起きるかわかりません。。。



「お母さん、そばにいるわよ~  と

手をニギニギスリスリしたりしていると

母は安心した顔を見せてくれますよ。


母は私が自分の娘だということももうわからないのですがね。



        クリックお願いします
             ↓
        
  










発熱中の母とフィラリア治療中わん。

夜間にやっぱり熱が上がる母です。



明け方一回、汗を掻いてパジャマを着かえました。


眠っている夜中に体温測られたり、着かえさせられたり。。。

この間、寝た気がしない母でしょう~。。。


え~と~、お母さん、

私も体温計ったり、着替えさせたり、

寝た気がしてませぇ~ん 




汗を掻く ということで

自力での体温調整ができていますが。。。。


なので起床時は平熱に戻っています。



午前中は

訪問マッサージを受けました。

でも珍しく終始眠っておりました。。。




午後からは

症状が進んでしまいました。。。。

咳が出てましたし痰もです。 熱も若干高めでした・・・・

 

しかもお母さん、痰飲んじゃうし・・・・ 

慌てる私です Σ( ̄。 ̄ノ)ノ



アルツハイマー型認知症なので

「お母さん、飲まないで飲まないで、出して~」 と

口腔ケア用テッシュを口に持って行っても、

ゴホゴホゴクゴクン。。。。


そこのところがわからないのですよ、母は。



痰を飲んでしまった後に

口腔ケアテッシュで拭き拭きです。




食欲は普段と変わらず、旺盛です。

ここが救いですね。



咳と痰は今時点では治まっていますが

風邪か誤嚥による肺炎のどちらかでしょうから、


熱が38℃超えしたら様子次第でクリニック受診か、

食欲がなくなって食べなくなったら緊急搬送しようと思っています。




わんシェルの方は

ただ今フィラリアの治療中です。


ビブラマイシン(ドキシサイクリン系抗菌剤)朝晩投与1カ月、

これを休んでフィラリア予防薬投与2カ月 を1クールとして、

これを2回繰り返します。

180409_2126~02

これでフィラリア陽性から陰性になることを期待して。


このお薬での療法は

わんシェルをセンターから引き出してくださったボランティアさんからです。

私はフィラリア陽性のわんは初めてです。



わんシェルがセンターから引き出されて

我が家に翌日やってきて2カ月が過ぎましたよ。


我が家を訪れるみんなに愛されております 



          クリックお願いします
               ↓