Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

01月« 2018年02月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728»03月

母と手を合わせて。

今日も一日が終わりました 



朝、母の起床介助が終わった後、

母の車いすを押して仏壇の前で手を合わせます。


信仰心の薄い私はあまりそういうことをする人ではありませんでしたが

母がいつも父が亡くなった後、父の仏壇に手を合わせていた人なので

母の手を取って合わせてあげます。


もう自分ではそれが出来なくなった母のためです。



そして私は

今日も一日が始まっています。

今日という日は自分次第です、頑張りますッ
 と

生きていることの感謝を込めて、

父と、私の血の中に流れているご先祖様に手を合わせます。


母との長い介護生活の中で

そんな毎朝の習慣もうまれましたよ。




今日の母は

私が母の頬に手を当てると、

私の手のひらに頬を寄せてきます、心地よさそうに。

私も同様にそんな母の仕草が心地よいです。


母が就寝した後は

オリンピックをテレビ観戦。


オレンジがあるので
180213_2304~01

日本酒を炭酸で割ってのカクテル飲みながら 
180213_2307~01



明日は

母は「フェアー」通所利用日ですが

お泊りお願いするかもしれません。


バレンタインデーで友人からの招待があるからです。

(義理 )チョコレートを渡すのは私ですが

会ったついでに食事飲み会はいかが  というお誘いです。


う~~んと只今考え中~。。。。
  

            クリックお願いします
                ↓
            




長生きを目的にするのは間違いだ、幸せになるのが目的で長生きは手段にすぎない。

                              - 幡野広志 -












2年前2月は脳梗塞で

今日もゆっくり母と過ごして 


母は訪問マッサージがありました。

私は授業で生徒はひとりだけでした。



ベランダに干された ”菊芋” (姿形は生姜そっくり)
180209_1206~01


細かく砕いて。お茶用に。
180211_1928~02

ちょっと失敗。。。焙煎が必要でした。でも使い分には問題なく。


血糖値の上昇を緩やかにする ということで。

我が家向きなのですよ~。


母も私も血糖値は高くありませんが

急激な上昇は良くない、避けたい ということで。


食材の効能がその研究結果としていろいろ発表されていますが

何でもかんでもいいというわけではなく、

自分にいいからあなたにもいいわよ もありえませんので、


そんな中、母や私に合った食材というものがあり、

私は基本、市販の加工処理されたものは使わないので

こうして自分で作ります。 






母は2年前2月に脳梗塞発症して。


あの時は母のそれまでのステージが一挙に変わりました。


右手右脚ダラリーーン、座位も立ち位も取れず、当然歩けずで車いすの利用。。。

嚥下の問題も生じて極刻み・ペースト食になりの全介助。。。

意識レベルの低下、流涎。。。

訪問介護・入浴、訪問マッサージ、在宅医と訪問看護の手配やら。。。



在宅24時間おひとり様介護突入の段取りに取りましたよ。



「フェアー」にはもう通所お泊りの利用できず・・・


理由は外階段の昇降が出来ないからです。。。

それまでは介助されながらも自分の足で上り下りしていましたから。




でも「フェアー」から

スタッフ二人がかりで、車いすごと母の昇降をやってくださる という申し出があり、


そのおかげで

母は通所・お泊り利用で入浴ができ、

外に出ることで私以外の人たちと恒常的に接触する機会ができ、

よってそれまでのペースを維持することが出来るようになり、

24時間在宅介護が回避できて今に至っています。


なんだかんだと母はお元気ちゃんでいてくれています。

それで十分 




今は

車いす生活ですが

端座位はきちんと取れています。立ち位は数歩だけですが。


在宅医も訪問看護も必要ないのでとうの以前に契約解除して。


誤嚥もなく順調な飲み込みで食事も荒刻みまでに回復。


訪問マッサージはず~と継続しています。




母が脳梗塞を発症する以前も後も今現在も変わらないものは

食欲! と便秘の回避です。 排便はとても順調です!


食欲がある分、手作りでの美味しいものを食べてもらいたい と思いますし、

排便を促すための腸内環境を整えるのに食事内容に気を使います。


私が母にやってあげられる基本なんですよ。


          クリックお願いします
               ↓
          












5年前。

今日の母は

昨日 便ショック 起こしたことなどまるでなかったごとく、

お元気ちゃん 



午後から私は授業。

母は午前中ガッツリ傾眠。。。。


あらま、おかあさん、私の授業中に寝てくれたらいいのに~



午後の授業中はガッツリ覚醒。

表情がしっかりしていて私の話す声を聞いていましたね~


退屈じゃなかったですか、おかあさん?!




丁度5年前の母です。

認知症の人のための学習療法の計算ドリルを

一生懸命やっていました。
13,10,04 2

アルツハイマー型認知症で

頭の中の記憶がどんどんなくなるなかで、何も出来なくなるなかで、

その不安と恐怖と絶望から逃れるためか、


まるでもう一度何かを取り戻そうとするかのように

母はホント必死でやっていました。


その時のその姿は認知症のひとにみえませんでしたよ。



でも

この頃はもう私が自分の娘であることはわかりませんでした・・・・


ま、世界中で一番自分に優しい、

ヘルパーのおばちゃん、お世話係というところでしたね 




同じ5年前。

私がデスクワークしている横で。

おかあさん、足着いてないし。。。    
izen.jpg

足元にはワン瑛太がいましたよ。


こんな風に過ごしていた時もありましたね~  


そして

この頃ちょうど、それまで服用していた 「アリセプト」 を中止しました。

それ以来今に至っています。



ワン瑛太が亡くなってそろそろひと月です。

時は流れます。。。


         クリックお願いします
              ↓
         









いつもの発作。。。

今日は

母は「フェアー」にお風呂入りにみんなに会いに  の日。

おかあさん、朝ごはんですよ~ 
180209_1607~01

菊芋と豚ミンチのあんかけ。

玄米粥の梅干し。 玉ねぎのポタージュ・パセリ。

オープンオムレツ。
作り置きのトマト・ニンニク・玉ねぎの自家製トマトソース。パセリ。



母が出かけて。

午後からいつもの土曜日授業。

いつものように生徒に ”召し上がれ 
180210_1406~01

ポテト・リンゴ・レーズンのサラダ。サラダほうれん草と。

ヤーコンきんぴら。 サバと大根おろし。 菊芋・豚ミンチあんかけ。

人参・玉ねぎ・ゴボウの味噌汁。


何たって圧倒的に根菜。 すごいぞ、根菜。

生徒に「根菜です~ 冬だから~~~」 と。 

美味しそうに食してくれましたよ 





今日の母。

「フェアー」で 排便後、”便ショック” を起こしてしまいました。

授業中にすぐお電話頂いて。


母は時々起こします、昔から。

最初の頃は何が何だかわからず、

何度か大慌てで緊急搬送したことがありましたが。


そりゃそうです、意識喪失で目がひっくり返っちゃっていますからね~・・・ 



今は

病名がついていること ( ”迷走神経反射の発作” )、

原因不明なこと、予防法がないこと、

時間が経つのを待てば元にもどって回復すること。


ということで昔のような大慌てや緊急搬送はありません。



症状はその時々によりますが

意識喪失、顔面蒼白、血圧低下、嘔吐、失禁便、多汗。。。などが出ます。


当然緊張を強いられますが

今は自宅や「フェアー」で冷静に対処していますよ。



今日は「フェアー」看護師さんに素早い対応をしていただき、

予定時間の一時間遅れで母は帰宅しました。



強い傾眠を示していましたので

そのままベッドで横になってもらいました 


一時間くらいして目覚めて。

すっかりいつも通りです 

当然食事も完食!!です。




いつも私は母の事を

高齢でアルツハイマー型認知症で高血圧(薬投与で現在安定)のひとです~

と言っていますが

この迷走神経反射の発作持ちの人でもあったのだ。。。


いつやってくるかわかりません。。。。。

こちらが忘れた頃にやってきます。。。。。 



             クリックお願いします
                 ↓
            












拒否系否定系で

昇る太陽と共に

朝から素晴らしいお天気です。

今は雲一つない青空です。




なので早速、

これは 菊芋 です。 お日様とのコラボでお茶用に。
180209_1206~01

先日搬入された無農薬野菜の一部です。

菊芋。


私にとって人生初めての食材で、

生で食して、炒めて食して、煮て食して、揚げて食してみました。

びっくりしました~、どの調理法でも美味しくて 

効能もしっかり母と私向きなのですよ~。





母が自分から発する使える言葉数はとても少ない。

その中で ”にや” があります。


食事介助の時、

スプーンを口元に持っていくと

”にや” とよく言います。



まだ口に入っているからいらない というサイン。

別の ”にや” は

そのスプーンのものはいらない というサイン。

あるいは

もう食べ物はいらない というサインです。

この時は口をしっかり一文字に閉じますよ。



これらを状況判断しながら

「あぁ~~ごめんごめん、まだお口に残ってるのね~」

「ぇ・・・ これ、もしかして嫌いなの~ 不味いの??

私はこれ好きだけどな~~ (ホントにそうかどうかは別にして) 

栄養あるから我慢して食べてね~ お願いしまぁ~~す」


「お腹いっぱいになったの~ ありがとうね~いっぱい食べてくれて~  と

いちいち私が反応します。


この場合の母の ”にや” は拒否系否定系 

多分 「いや」 「いらない」 なのでしょう。



まだ食べたいときは

口をパッとサッサと開けてくれます。 母は言葉いらず 

私はひたすら

「食べて食べてェ~~ 美味しいでしょ! ねッ! ありがとね~  と

美味しい の押し売り状態 




食事介助の時の、

母と私のコミュニケーションは充実して濃い 


認知症のひとですので目いっぱい寄り添います。



今日の母。

訪問マッサージの日でした 

今日は朝からしっかり覚醒していましたよ 



         クリックお願いします        
              ↓