FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

07月« 2020年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 今日もいつも♪ に。

今日もいつも♪ に。

昨日は

何も変わらずのいつもの休日でした。

それが一番ありがたいことです 



街中へ行く予定は

又大量排便で脈が遅くなったこと と

お天気が今いちだったことを鑑みて

断念 の 残念 


街中へバスで  はあきらめて

近くのドラッグストアーへは出かけました。



やはり歩いてもらうためです。

そして

ちょっと景色と環境を変えて

脳神経細胞を刺激をするためです。




先日、私の体調不良などで

4日間「フェアー」をお休みしました。

その時、母の歩行は不安定になりましたからね 


今はその後すぐの機能訓練で

前同様の回復です 


特に外階段です。

丁度、20センチほどの外階段を

ほとんど毎日、20段昇降します。


たった数日それを行なわなかっただけで

最後の20段目近くは

足が届かなくなりました。

つまずいてひっかかって倒れました。

あきらかな廃用症候群の初期症状です。



ほとんど毎日朝夕2回くりかえされる

この階段の昇降。

これによって足の歩行機能が維持されていることは

あきらかでした。


その時は同時に

家での足の運動とマッサージも出来ませんでした。



車椅子になる、

寝たきりになる。


いずれそうなることになっても

これは出来る限り最後の最後まで引き伸ばしたい。



それを維持するのも

私の介護ですから

そういう意味で手を抜けませんですよ。




ま、母と出かけるのは

やはり高齢と認知症の人という意味では

緊張しますが

私にとっては

楽しいひと時でもあります 




母は階段を昇降する時、

私と手をしっかり握り合いながら

いつも必ず、大きな声を出して、

階段の数を数えながら昇り降りするんですよ。


声を出して

リズムを取りながらです 

声を出して

階段一歩一歩を自分で確認してながら ということです。


「1、2、3、。、。。。。」

そして最後に 「。。。。、20ちゃん!  と言って

昇りきります、降りきります。


私もそれに合わせます。



今日は

私は20時まで仕事の入っている金曜日です 

母は午後から「フェアー」へ 



  今日の朝ご飯

  13,03,15朝食

  買い物行っていないので

           食材がなぁ~い・・・・卵すらもなぁ~い・・・・



朝食も終わり、

今日も一日が始まっています。


母もいぬの瑛太も

何事もなく、穏やかで、いつもの日常でありますよ~に 

ァ、アタシも!



    くりっくおねがいしまぁ~す                       
                    ↓
  











*** COMMENT ***

しいこねこさんへ

いつもありがとうございまぁ~すe-466

母といることが苦じゃないので
階段の昇降もふたりで声を合わせてやるのも
楽しいものですe-343

身体的機能の維持は
認知症の進行を遅らせるのにも
とても大切なんです。
そんなことを思うと
やる気ばっちりe-284の私でもあります(笑)

Yuyaさんへ

こんばんゎ~♪

高齢者の機能低下はホントあっという間ですよね。

極端な話、
骨折を考えた場合、
骨折そのものより、
その間寝ていることによる機能喪失の廃用症候群の方が
私は怖いです。

当然寝たきりより
自分で歩行できるほうが母らしさの維持に繋がります。
認知症になってしまった母にしてあげられることは
こうした機能維持しかないんですよね、私には。

NO TITLE

毎日同じことを繰り返すのって、簡単そうでも根気のいることです。
お母様の機能低下を予防するために、の階段昇降。。。
想像すると、何だかほっこりした気分になります。
家族が何事もなく一日を過ごせるのって有り難いですよね。

機能低下はすぐだけど
維持するのは毎日の積み重ねが大事ですよね
毎日繰り返す事は
ホントはとても難しい事ですが
よく頑張っていますね
さすがです

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう