FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

11月« 2019年12月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»01月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 市の広報の取材

市の広報の取材

        先日、市の広報の取材を受けました。


母が私の仕事中、お世話になっている「フェアー」からの推薦です。

仕事をしながらの母の在宅介護の中で
母への支援、および私への支援という点で
私にとっては、きわめてで有効に機能し、感謝もしている
この小規模多機能型居宅介護の特集でもあり、
快く引き受けました。

インタビューを受け、
掲載用写真を撮り・・・・・・・・
    私は取材の方にお願いしました。

「私は母の写真をよく撮りますが、
母と私一緒の写真はなかなか撮れません。
ついでにプライベート用に母と私の写真を撮って頂けませんか?」
快諾してくださり、

私と母は 最近の私達のマイブーム(アワーブームか・・)
    それは ほっぺにチュッ で

母が私の 頬っぺたに ブッチュ~ の写真を撮っていただきました。

あくまでプライベート用・・・・

だったのですが、
事前のゲラの段階で このプライベート用写真を使いたいとの事。

見せていただきました、その写真。
         まず自分の顔を見たのですが、


   Oh, my dear、dear ・・・・!!


す、すッごく ブスなのです。
わ、わたしって こ、こんなにブスなのぉ~ 

                        (勿論、私本人には間違いございません)

いや、別に私は全然美人じゃありませんッ、己を知ってますわい、
     し、知ってますけどねッ、 ちゃんとッ、 それくらいッ、

で、でも、  でもね、あるじゃないですかぁ、
この写真の、この自分の顔は見たくない てなのが・・・
  x x



ところが母の表情のいい事といったら、そりゃぁもう・・・何の不安もなく、目は輝いて・・・

だから担当者がこの写真を使いたい気持ち、う~ん、わかる、わかるです。
わかるから・・・・・・納得。    
           という事でその写真掲載を 快諾。


介護の主役は介護される母だから。

もう一枚はいつもの母のお泊りセット入りバッグを手にした私と
手を繋いで自宅に向かう母の後ろ姿。
私のつま先は前に向いてるけど
母のつま先は逆ハの字だわぁ・・・・・・(でも、しっかり歩いてるぞッ、お母さん) 



      人気ブログランキングへ 

               ブログランキングに参加中
                      シール2ヶ所クリックお願いします



*** COMMENT ***

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

To Ms. con spirito

コメントありがとうございます。

アルツハイマー症の進行で

たとえ 追視が出来なくなり、無動となっていても
手を握ったり、ほっぺにチューをしてあげたり、hugしたり・・・・

家族の体温とぬくもりは
ちゃんと伝わっています、感じています。

気持ちは、心で感じていますよぉ~

届いています。

だからお母様もがんばっています。

うちも認知症の母ががんばっているのです。

親というものは子からの愛情に敏感ですから。

NO TITLE

こんばんは

お母様の笑顔が分る気がします

認知症の方って
どこか似ていませんか

私は南田洋子さんの映像と母がかぶるんです・・・・

母の良い顔忘れられません

残念ながら今は
全く表情がなくなってしまいました
でもね
手をにぎって
暖かいだけで
娘は嬉しいんです(御免なさい泣けてきました)

父が亡くなって、一人っ子の私は
寝ているだけの母でも、失いたくない気持ちでいっぱいです

私も、特養に行くたびに
ほっぺにチューして
「ママ大好き、ずっとそばにいてね」って
言います

きっと、私の気持ち、母に届いていると信じて

介護応援しています

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう