FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

11月« 2019年12月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»01月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 目は離せない・・・・

目は離せない・・・・

ビックリしましたああ~~~ッ!

昨晩です。


心臓が口から飛び出るか とも思いました!!

見た時は。


瑛太です。



母はダイニングテーブルで

いつもの計算ドリルに夢中でした 

私は自分の勉強部屋におりました。


ダイニングと勉強部屋は

ドアーを開けていますので

母の姿も見えましすし、

「せんせ様ァ~ じゅうに から よん 引くと 8?」 とか母聞いてきます。

「うん、合ってるよお~~ 」 とかでした。


ダイニングに戻りました。




灯油ストーブの前に

瑛太が横になっていました・・・・


あっ、あっ、頭が

ストーブの噴出し口に向いているではありませんかーーー!

その距離70センチ位・・・・直。


瑛太は頭頂部頭蓋骨が開いています。

骨が開いているのですよ!


あぁーーーーーッ、瑛太あーーーーッ

焼肉になるよ~という前に

脳に直接温風だよおーーー


瑛太の頭蓋骨3分の2は

脳がなく、脳髄液で満たされています。



開いた頭蓋骨の

骨で保護されていない部分からの熱で

脳髄液が沸騰しちゃうじゃないかあ~~~ と

瞬時に瑛太を抱き上げる。


急に抱き上げられて

キョトンとしている瑛太の頭熱し!


私の心臓に悪し!



目は離さないように気をつけなくちゃ、

お母さんばかりじゃなく です。




  昨日の午後、

  お外へ行こう~ (私からのお誘い・・・)

  お外で1


  駐車場をふたりでウロチョロ。

  お外で2


  風も吹いてきました、帰ろうよ~
  
  お外で3



ところでうちのJuliaに言ってみたい 

    前日はおうちの中で赤のお洋服。

    今日はおそとで裸ン坊・・・・・

           何故?    by 瑛太。




         クリックおねがいします
                

        その後、何事もなく変化なくの瑛太で

        ひと一安心でしたが

        私的にはショックに近いビックリでした・・・・


        母も瑛太も

        目は離しちゃいけない介護のふたりなのでした!







*** COMMENT ***

ビビコさんへ

もう危機一髪。
脳の容積が少ないため、
感覚が鈍いところがあります。
骨がなくての中に直接みたいになるわけで
もうーーー心臓が!! でした、私の。

自戒と教訓です。

動物は人の孤独を癒しますよお~~e-343

halさんへ

いつも私の側を離れない、
私の視覚の中にいるのですが
私がちょっと勉強部屋に戻って、
ちょっとだけだったので勉強部屋の暖房はOFFのまま。
それでリビングに移動していったんでしょう~・・・
そして私はリビングにいる母に気を取られてました・・・

> ちっこしたるぜ~とヤクザHALはうろついています <

もしかしてお散歩出来ず、
グレテル?!HAL君?!

NO TITLE

ひゃーー、瑛太君、危機一髪でしたねーー!
大人でも、うっかりしてると低温ヤケド、なんてこともあるわけだし・・
でもその後、瑛太君に、特に何事も変化が無くて
大事には至らず、ホントに良かった!
そしてJuliaさんの口から心臓が飛び出なくて良かったー(笑)

むくむくの瑛太君、あいかわらずのぬいぐるみぶり、
ホントにホントにかわいい~。
瑛太君の画像見るたびに、いいなぁー、私も欲しい~と
思っちゃいます(^-^)/

NO TITLE

瑛太くん、それはびっくり。やっぱり暖かいところへ行きたがるのですよね。
でも温風の前は温度高いですから、ほんと無事でよかったです。よかったよかった。

HALの場合は、ヒーターから守るのではなく、おちっこの噴射からストーブを守るために、
柵を置いているのですよ。ちっこしたるぜ~とヤクザHALはうろついています。

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう