FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

08月« 2019年09月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»10月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … ゴク、ゴク、ゴックン!

ゴク、ゴク、ゴックン!

      年賀状2013
                      ~頂いた年賀状から~




朝はどんよりでしたが

お昼過ぎからは日差しが出てきました。

でも寒さは厳しくなってきています。



最近の母の飲み方です。

「お母さん、はい、これ飲んでね」 と

お水を含めた飲み物を出しますと

カップも湯飲みもコップも

もう~~一気飲みです!



力強い、

ゴク、ゴク、ゴックン、ゴックン!ですが

あぶない、あぶないでもあります。


もし飲み間違えて大量に気管に入ったら・・・・


そして息もつかずに の飲み方なので

飲み終わった後は

まるで酸素不足みたいな

フーーッ! の母です。


(母が飲み終わるのを見つめる私の心臓も 

       オ~ゥ  です。)



水分は十分に足りてますので

喉が渇いているということではありません。




もう飲み方、

少しずつ間を置いて飲む という飲み方が

理解できません。


ゆっくり楽しみながら飲む ということが

出来なくなりました。


毎回私に

「少しづつね、ゆっくりね  と言われても

その意味わからず

ゴク、ゴク、ゴックン! です。



    

        クリックお願いします
                











*** COMMENT ***

Yuyaさんへ

ありがとうございますe-343

ホントに介護をするようになって
身体の仕組みをべ勉強して
母を見て
初めて知ることが多いです。

> でも素敵なカップでコーヒータイムなのでうれしくなりました <

認知症でも普通の生活を と思っています。
認知症でなければ本人がやるであろうことを前提に と思っています。
認知症で何もわからないから と介護者の都合と解釈は
出来るだけ避けたいとも思っています。
大人としての人格と人権は守りたいとも思っています。
それが認知症の人の 「らしく」 を守ることかなとも。

だから
ありがとう! と言われて
とても嬉しいです。

NO TITLE

飲むって事も簡単なようで
そうではないって事ですね

何気なく普段やっている事も
病気になって初めてわかる事が
たくさんありますね

勉強させられます

でも素敵なカップでコーヒータイムなのでうれしくなりました
だって割れない様にって幼児用のカップで飲ませている方をたくさん見ていますので

ありがとう!
私がお礼を言うのもなんだか変ですが…
なんだかお礼を言いたい気分になりました

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう