FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

10月« 2019年11月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»12月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 感謝記念日

感謝記念日

記念日としての誕生日を考えた時、

この年代になって

今更あえて祝うということもなく、

でも誰かに祝われたら

それはそれで嬉しい  アリガト なんですが

独身ひとりで過ごしてきましたから

そんな風な感じの当たり前という感じでした。


「あらま、誕生日だったのね」

そんなもんです。



でも母の介護を通して

母と暮らして

私の知らなかった母の思いを知って

私の知らなかった母の生き様を知って

改めて知った母という人。


この記念日に対する考えが変わりました。




    本当に親に感謝する日。

    母が私を産んでくれたことに感謝する日。



産んでくれて

おっぱいを飲ませてくれて

離乳食も食べさせてくれて

おしめもかぶれない様に換えてくれて

言葉も教えてくれて

いろいろ教えてもらって大きくなったんだな と。


全然覚えていないけどね(当たり前ですけどね)

まずはそれだけで母親という人が存在してました。



私にとっての自分の誕生日は

幾つになった の誕生日ではなく

ウン十年前に

母がウンウン苦しみながら

私を産んでくれた日です。

母に感謝の日。



  きょうの朝ごはん

  12.11.30朝食

  カボチャとブロッコリ。  牛乳。

  ベーコン・キャベツ・ほうれん草・玉ねぎ・コーンのパスタ。ふたり分です。



         クリックおねがいしまぁ~す
                


     






*** COMMENT ***

Yuyaさんへ

ありがとうございますe-466

産んでもらったから存在している私。
親に感謝です。

Yuyaさんのご両親へのお誕生日のお礼の言葉、
素敵ですね。

私は両親とは大人になってから
比較的ときにはかなり疎遠でしたから
それを伝えることが出来ませんでした。

それを思うと無念なのですが
その代わり、今は母にいっぱい感謝させてもらっています。

NO TITLE

お誕生日おめでとうございます!

私も数年前から
誕生日の日には両親にお礼を伝えるようにしていました

生んでもらって
育ててもらって
ありがとうって
おかげで楽しい人生をおくっていることを伝えていました

自分で子供を産んだ時に
自分の誕生日は親への感謝へとかわりました

いろんな事があってもこの世に生まれてきたから
体験できることですよね

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう