FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

08月« 2019年09月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»10月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … まずは と始めたことでした。

まずは と始めたことでした。

今日も脳外科へ行って来ました。

先週も行きました。



介護証明の書類の作成の必要があり、

それと先週は

アリセプト錠と血圧降下剤コニール錠を取りにでしたが

その時母の担当ドクターは不在でした。



母を「フェアー」に預けてスタコラと。




母の現況の報告。


認知症そのものの進行はあっても

不安がないため

眉間に皺 は全くなく、

ニコニコ穏やかと

アルツハイマー型認知症でも

普通に日常が送れていることなど。


私にとっても

たとえ認知症でも目指していた穏やかな介護生活です とも。


ドクターは

母を入居施設から引き取った時の

母の周辺状況の ものすご~さ をよく知っているので

ここまできたね  とおっしゃっていました。


次回の予約を取り、

「次回は母連れで来ますね」 ということになりました。





街中出たついでに

「こだわりや」 で食材の補充の買い物。

こだわりやで買い物
  
                   カモミールティ。
       韃靼そば茶。       
                     味噌。



あ、と思ったこと。


この3つは

母を入居施設から引き取った時からず~と使っているものだわ と。


あの頃、

食べること ということを通して

母の身体の1個1個の細胞を変えよう、

体質を改善しよう と決意してましたからね。

こんなのから が手始めでした。


まず便秘が もうもうもう~~ひどかった ですから。




       クリックおねがいしまぁ~す
                










*** COMMENT ***

Yuyaさんへ

Yuyaさん、ありがとうございます e-343

当時のドクターの予測は
今の頃は
寝たきり無動だろう でしたから。

でも私はいずれそうなるとしても
何とか少しでも引き伸ばしたかったのです。
理想の介護とかそんなんじゃなく
ひたすら自分のベストを尽くそうと思っていました。

引き取ってからの2年間が勝負だったような気がします。
ま、今も勝負してますが。
病気に対しては(笑)

今現在、その結果がこう出ていて
とても感謝です。
でも母も頑張りました。

NO TITLE

ドクターもここまでくるとは・・・
て感じじゃないですかね

分かっていてもここまで穏やかに過ごせる様になるには
なかなかやろうと思ってもできませんから

Juliaさんの根気よく取り組んだ成果ですね

ブレないでしっかり貫き通すJuliaさんの強さと優しさが大好きです

Juliaさんが自分で手に入れた
お母様との穏やかな時間をしっかり楽しんでください

この上ない幸せですよね

先生もまさかここまで…
と思われている事でしょうね
すごいですね。
Juliaさんのぶれない芯の強さにはとても惹かれてしまいます。
分かっていても、なかなか続けるのが大変です。
頑張って手に入れた穏やかな時間をしっかり楽しんで下さいね

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう