FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

09月« 2019年10月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»11月
BLOGTOP » いぬ » TITLE … 介護もうひとつ

介護もうひとつ

        いぬのマーシャさんのことだけど・・・・


認知症はないけど、
身体的衰えはあきらか。

15歳をとうに越え、
そろそろ16歳だよね、マーシャさん、
目は老人性白内障で真っ白の全盲、
しかも耳も相当遠い・・・・・

耳元で
  マーシャさん、マーシャ ッ、てば
                                  と、ついつい、声がでかいぞ、私。

人間でいうと80歳はゆうに過ぎてるし・・・・・

嗅覚も衰えているのか、
部屋の中を歩くのにもゆっくり、そろり・・・慎重に・・・・

部屋の中の椅子やテーブルの位置をふくめた動線のスペースは
定位置で確保されているのにかかわらず。

そうなのです、あちこちにぶつかるのです。
壁にぶつかり方向転換しながら歩いています。

以前は私がお店や外出先から帰宅して
ハウスから出すと
そりゃぁ~もう~

        ママぁぁー、おかえりなさぁ~い、抱っこしてくださ~いッ
                     ワァ~イッ!ワァ~イッ!


尻尾をちぎれるくらいふりかざし、
こら、長い胴が折れちゃうぞ てなくらい、
自分をどう表現していいのかわからない状態の歓迎ぶり。


今は、もうマーシャさんは私とお店に出勤するする事もなく、
おうちでお留守番なのだけれど、
帰宅しても以前のような大騒ぎの歓迎ぶりはありません。
ひたすら、まず抱っこしてくださいのみ。

以前はなかった部屋の中での失禁。
(犬用の介護おむつパンツはいやだというし・・・)

そしてよく眠ります。

但し、健康状態は問題なく、今まだ認知症の兆しはなく、
マーシャさんへの介護といえば

     外へのトイレ介助の数が増えたこと

     ベランダで抱っこして日光浴をさせること

(もう、お外へ行きたがらないから・・・そりゃ、そうだ、全盲で耳遠く匂いも不確かですからね)

     hug、hug 抱っこ抱っこの量が増えたこと。

                  ・
                  ・
                  ・

     そのうち、寝たきりになっちゃうんですね・・・
                   
      私のマーシャ・・・・

母もマーシャさんも、生き物すべて、老いていく・・・私もだ。




             ブログランキングに参加中。
                        赤白シールにクリックお願いします

人気ブログランキングへ

       




*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう