FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

08月« 2020年09月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»10月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 今の母の世界

今の母の世界

母の「計算ドリル」への集中力は凄いものがあります。

最近、特にそうなんですよ。


最近それをやるのに変わったことと言えば

やる場所が

ダイニングから私の勉強部屋に変わったという環境変化です。


今はほとんどここでやります。

しかも毎日です。



以前ダイニングでやるときは

ピッタリ張り付きか、

集中力が高すぎて私がお邪魔なときは

私はパタパタ家事労働やら、etc 。。。。




今は非常にここがお気に入りです。

「あら~せんせ様も勉強してんの?!・・・」 

パソコンを叩いている私に話しかけてきます。


私もここで頑張るから

せんせ様もそこでやってなさい、座ってなさい てな感じです。




そしてドリルの一つ一つを読みあげながら

時にはそれに話しかけながらやっています。


出てきた答えに

「あら、頑張んのよ」

「いい子にしてんのよ」

「あら~ゼロちゃんだって。かわいそうに」



そしてほとんどの数字は 。。ちゃん とちゃんづけです。



    数字と対話しながらの

          母独自の世界があります。







  もう正解を導き出すのは難しくなりました。

  12,7,23計算ドリル




  今晩も私の横に。

  12,7,23keisanndoriru


普段は認知症でモチャモチャプワプワの人ですが

キリッ  としてます、これをやっている時は。


私の目を見て話してきます。


多弁です。


これをやってる姿は

とても認知症の人に見えません、ホントに。




      クリックおねがいしまぁ~す
             



      認知症でなかった頃の母を彷彿させる

      最後の姿です、そういう意味では。






*** COMMENT ***

ゆるりさんへ

早寝すると更に早起きになってしまっている・・・おはようございまぁ~すe-466

掛け算は全て足し算状態です。
× や + や- という記号が混然として認識出来ません。
それが今の母の頭の中であり、世界です。

答えが正しいことが目的ではないので
この、「これをやりたい、これは出来るのよ」 という意欲と集中力を引き出すための
認知症が進行している母の最後の手段です。
前頭葉活性化の効果は大です。
これと数字盤の数字並べ以外はもう興味と意欲がなくなりました。
持続しなくなりました。

こういう作業を通して
母のこと、脳のことを学んでいます。

NO TITLE

がんばっていますね~。

計算、微妙に答えがずれているのが、わかりますね~。
足し算になってしまっているものが多いですし、14が104でいいたいことわかりますし。

でも結果よりこの集中力が素晴らしいですよ~。
答えがなんであれ、考えるということが重要ですものね。

それに「かわった・やっている」という満足感は楽しいでしょうね。
お母様、幸せです。

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう