FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

08月« 2020年09月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»10月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … サザク & ロンドン

サザク & ロンドン

昨日、

瑛太と一緒にお江戸の駒沢へ。



英国人女性エリザベス・オリバーさんが代表を務める

「アニマルレフュージ関西」東京アークの譲渡会へ参加して来ました。


レスキューされたうちの瑛太を譲り受けたところです。


多くのワンちゃん、ネコちゃんが

東京アークのスタッフ、フォスターファミリーさんと共に

新しい飼い主家族との出会いを求めて参加しておりました。





  サザク と ロンドン

  サザクとロンドン


茶色い方のサザクちゃんは

瑛太がレスキューされた時と同じフォスターファミリーのところにいます。

瑛太と同じように

愛情いっぱいに寄り添われている最中です。



白い方のロンドンは

全盲(レスキュー後、両眼摘出)に拘わらず、

名前の呼びかけに

「は~い、私ですよォ~  」 と頭をもたげて

「目が見えないなんて関係ないわ  」 ぶりです。

動物の適応能力の素晴らしさをみせてくれてました。




この二頭は同じ飼い主さんの所におりました。

今は別々のフォスターファミリーの所に預けられていますが

久しぶりに再会すると

とても自然に

何気にこうして寄り添っておりました 


「どう?」

「そうねェ~、今日こそ新しい家族にめぐり逢えるかしら~・・・」



なんて会話してたかも・・・





この子達(他にも一緒に5頭)は

飼い主さんが認知症の進行と共に犬をとても飼える状況ではなく

ソーシャルワーカーの依頼でレスキューされました。


犬がレスキューされた当時のおうちの中の状況から

認知症の母の介護家族としての私からみて

飼い主の認知症の進行具合が伺えました。


犬達はなんとか食事はもらっていても

痩せていて健康状態も悪く、

何年もシャンプーしてもらった気配のない毛玉状態でした。

(レスキュー時の写真より)



認知症の母を抱えて見ている私としては納得(?!)です。

そうなってしまうのだろう・・・・と。

認知症になると自分のことすら出来ませんから。




ただ私個人的に思ったのは

この子達は飼い主が認知症になる以前は

飼い主からたくさんの愛情と世話を受けていたのかもしれないな と。



その表情といい、しぐさといい、

明るくてかつとても穏やかなのです。

勿論、この穏やかさは十分成犬になっていることでもあります。



レスキューされる以前の

もはや認知症になってしまった飼い主との生活は

時にはとても悲惨で過酷だったかもしれませんが

それでも人間が大好きなのです。

           ・
           ・
           ・
           ・
      
     アタシ達は今

     それぞれフォスターファミリーさんの所で

     いい子にしながら

     新しい家族とのめぐり逢いを待っていまぁ~す。

     もう一度、自分の家族と家庭で暮らせるチャンスが来ることを願って。

     瑛太ちゃんみたく。

                  by サザク & ロンドン


  
     クリックおねがいしまぁ~す
               






*** COMMENT ***

ビビコさんへ

あぢィーーーーです。

うちは母と瑛太用にエアコン開始です。
私は母がいなければ冷タオル首巻でもなんとかですが
毛皮着用の瑛太はそろそろ限界です~

動物の適応能力は高く、
その状況運命をスコンと受け入れてその中で生きていきます。
しかも老犬になると妙に悟り開いちゃっているし・・・

ネーミングおもしろいですよねェ~
私もいつも思います。
アークがもう何百頭もレスキューしてきての名前ですからね。
名前無し、わからない子も多いですから。
うちの瑛太も俳優から取ったのかな。
似てるかな・・・・

私は瑛太でこの俳優の名前を知りました。
ネットで調べました。
奥さんはカエラさんとか・・・
あぁ~そうですか・・・とこちらも知りませんでしたv-16

NO TITLE

Juliaさん、こんにちはー‥
あーー、暑いですねぇー、ほんとに…ヽ(;´ω`)ノ
でもまだエアコンつけずに、首にタオル巻いて
汗かきかき頑張ってます。

ロンドンちゃん‥
両岸摘出だなんて、なんて痛々しい…
と思うのは人間の勝手なんですね

「目が見えないなんて関係ないわ 」 って
動物の適応能力の素晴らしさ
なるほどー、って思いました。

動物の方が、人間よりよっぽど悟りを開いているのかなぁ・・

考えてみたら、人間ほど、
色んな事に固執する動物は他にいないですよねぇ

ところでサザクくんとロンドンちゃんって
面白いネーミングですね(^-^)

どうかふたりに、いい家族がみつかりますように(。-人-。)

Re: Re: ゆるりさんへ

ゆるりさぁ~ん、こんにちわe-343

>どの子にもいい家族と出会えますように。<

ほんとにそうです。
飼い犬飼い猫というのは
人間と共存共生するように作られちゃっているので
自分達それぞれの、人間の家族というものがとても必要なんです。

生き物として幸せになるために生まれてきたのだから
やはり幸せでいてもらいたいのです。
人間もしかり、 です。

Yuyaさんへ

Yuyaさん、おたよりありがとうございますe-466

喘息があるとやはり動物とのふれあいの機会もないものですよね。

でも瑛太で
笑顔になってくださったり、
訪問先のワンちゃんネコちゃんが少しずつ平気になって
動物との距離が狭まったのはとても嬉しいです。

ワンちゃんネコちゃんは
愛情と信頼の塊です。
ただひたすら純粋です。
私はそこに癒されてしまいます。

NO TITLE

どの子にもいい家族と出会えますように。

動物への思いが変わってきました

元々動物が苦手でした
喘息もあって出来るだけ近寄らないように努めていました
テレビの中で見る動物は好きなのですが近くにいると怖くて…
でもブログを拝見するようになって
可愛い瑛太君の写真を見てると笑顔にもなれます
仕事で訪問先に犬や猫がいても
あんなに怖かったのに
少しずつ平気になってきました
いつか私にも抱けるようになるかもしれないって最近思える様になりました
Julia Kerryさんのおかげです
ありがとうございます

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう