FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

07月« 2019年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 孤立

孤立

昨日のニュースで報道された、介護殺人未遂の裁判員制度裁判。
13年間、寝たきりの妻を介護し続けた夫による事件。

無理心中を図りの、既遂、未遂も含めたこれらの事件の背景は
介護疲れによる、 という表現の仕方ではではなく、
(疲れというのは、時には回復するものだから)

要介護者と介護家族だけの 孤立 が大きな要因を占めていると思う。
社会的に、地域的に、個人的に。
情報の欠如も含めて。

行政による介護家族の孤立を防ぐ支援とか、
地域共同体としての近隣住民の理解や思いやりも、
あるが無きに等しい、場合が多い。


コミニュケーションが圧倒的に少ないです。
それをとる場も、少ない。



実は昨日、私のお店で
この事件のニュースに関連して、
介護問題を含めて、コミニュケーションに関して、共同体の意味について・・・等々
   皆でぇ、 議論沸騰でした
            (お酒を飲みながら、皆、熱かったぁ~です)



例えば、私の場合

母の送迎で、
今現在、利用している「フェアー」で
他の家族に、
何度も会っている場面でも、
挨拶のみで、(自ら挨拶しない人もいるけど)

「こんにちわ」
「こんばんわ」

        この言語だけのどっちかだけ。
これ以外の介護家族同士の会話がありません。

以前、入居していた施設でも、
家族は、挨拶だけで、
家族同士のぺちゃくちゃ、おしゃべりがありませんでした。

「うちでは、こうしてるのよ」とか
「冬のズボン下は、これがいい」とか
「自宅での便秘対策は、これがいい」とか
「うちのおばあちゃん(おじいちゃん)て、こうなの」とか
「最近、私(家族として)、こうなの」とか
「最近、あぁ~こうなっちゃった、驚いた」とか
       ・
       ・
       ・
立ち話的、井戸端会議的、ぺちゃくちゃが、全然な~いのです。
情報交換なんて、勿論、皆無。

なんか、皆、挨拶以外は無言の家族同士。

私は自分から絶対挨拶するし、
話しかけようと、結構、試みるのですが・・・・ねぇ。

母以外の他の利用者さんにも、
目と目が合ったら、タイミングをみて、
話しかけるようにしてますけどねぇ。

本当にコミニュケーションをとらないんだなァ・・・・


日本人は、本当に、コミニュケーションをとらなすぎだぞッ。


介護という共通の話題と課題があるに拘らず・・・・・・・
もったいないです わい、わい。 ぺちゃくちゃ・・・


立ち話の井戸端会議でぺちゃくちゃ、しましょうよッ!
てな感じ。

勿論、愚痴とか誹謗中傷とかじゃなく。


たわいのないおしゃべりで、話すという行為は、
緊張している脳細胞をリラックスさせてくれます。
   に、ちがいないぞッ




          ブログランキング参加中
               上下シールクリックおねがいしませう
人気ブログランキングへ

            fc2ブログランキング、記事更新できるようになりました。
                         よかったぁ~です

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう