FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

09月« 2019年10月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»11月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … いぬがやってきました。

いぬがやってきました。

         いぬがやって来ました。



昨日お江戸に

いぬを取りにいきました。



英国人女性エリザベス・オリバーさんが立ち上げて

長く活動を続けてる 「アニマルレフュージ関西」 の

東京のオフィス 「東京ARK」 までです。


「アニマルレフュージ関西」 のHPで

東京ARKのところの

「新しい家族が見つかった子たち」 の中で

「瑛太」 と名づけられたプードルがその子です。




私の人生、

独身おひとり様生活だった私は

いつもいぬと一緒でした。


もう逝ってしまったその子達は

私に素晴らしい思い出を残していってくれました。
 

私には 「ありがとう」 の言葉しかありません。

感謝の思いしかありません。




先日亡くなったいぬのマーシャさんが

私にとって最後のいぬになった と思ってました。


今の私の年齢からいって

私が病気になったり、認知症になったり、逝っちゃったり・・・で

いぬの最後を見届けるという形で

飼うという生き物に対して

責任を最後まで持てるかどうかがネックでしたから。


飼い主の年齢が高くなると

そういったリスクも高くなります、一般論的には。




大往生で逝ったマーシャを看取って

思うたびに未だ切なさは残りますが

感謝の気持ちでいっぱいでもあります。


そして逝ってしまったいぬ達への感謝とお礼の代わりに、

レスキューされて家族が必要ないぬ達のために

家族になることに決めました。

熟慮の末の決断です。


自分の年齢の高さを逆手にとって

老犬を と決めました。

ま、母を含めて 高齢者のおうち ですからねェ~、我が家。




人間は自分達の作り上げた社会で

幸せになるかどうかは自分達次第のところがあります。


でもいぬとして

この社会に生まれてきたこの生き物の幸せは

めぐり合った人間、飼い主次第です。




この「瑛太」は

100頭近く飼っていたブリーダーからの

レスキュー保護犬です。


水頭症の病を持ち、

9歳という高齢で、

なかなか新しい家族を見つけることが出来なかったそうです。


病を持った9歳の老犬(と言えるかなぁ~・・・)だからこそ

私は 「瑛太」 を見つけることが出来ました。


そうでなければ

このめぐり合い、縁はありませんでした。



      昨日到着した夜
     
      瑛太到着の夜


      我が家で最後まで幸せに暮らそうね ということで

      幸せの塊がやってきました。

     
      これからの人生、

      やりたいことがいっぱいある中で

      まずひとつめを。


      クリックおねがいします
        
 













*** COMMENT ***

じへりん母さんへ

e-466ありがとうございます。

勇気ある決断というか何というか
もうネックは 私の年齢でした。
だからホント考えました。

ま、決断したら早い早い。
新しい家族のなかなか見つからない子 から始まって、
老齢で の条件から始めました。

> 瑛太くんにも、残りの犬生、穏やかに幸せに生きてもらいたいですね。<

それしかないですね。

よく生き抜いてきたね と。 

私と出会うために生き抜いてきたのね?! なんてね。

私もあなたと出会うために待ち続けたのよ、 と。
         ↑
でもこのセリフ、人間の男には使わなかったなぁ~ そんな気がする(爆)

ビビコさんへ

はいィ~~
新しい家族がやってきました。

> 犬の9歳って、初老?なのかな <

はい、初老でしょう~
私と同じ?!
同期くらいなのに何故か瑛太の方がず~~と若く見える・・・・・ v-16

お薬で脳圧を下げています。
でもやはり痙攣を起こすことがあるそうです。

今やレスキューされた時とは違い、
見るもの聞く音、刺激を受けての
子供のように脳が活性化している最中のようで
環境への適応が早いです。

私という人にすっかり慣れてくれました。
これが一番肝心ですからね e-465



halさんへ

会えないかもしれないのに
お友達が出来ちゃった瑛太。

HAL君、お利口そうですねェ~

近かったら遊ばせられたですよォ~

フォスターさんの所にもいぬがいましたが
瑛太を引取りの時その子も連れてこられてましたが
とても上手に付き合っていました v-218

fumiさんへ

小さい頃から自分用(?!)の犬がいて、
大人になってもいつも飼い続けた中で、
いつも♀の、犬まで女所帯が多かったです。
♂は2頭だけでした。

お坊ちゃまァ~(私がねえやです) と呼ぼうか 

王子様ァ~(私がお姫様です) と呼ぼうか~・・・思案中(笑)

NO TITLE

新しい家族が増えたこと、率直に「おめでとうございます」といわせてください。
勇気ある決断、本当にすごいです。
瑛太くんにも、残りの犬生、穏やかに幸せに生きてもらいたいですね。

NO TITLE

わー、また家族が増えたんですね、瑛太くん!
犬の9歳って、初老?なのかな
でも、そうは見えない、あどけない
とっても可愛らしいお顔に見えます♪
そして、9歳で水頭症の瑛太君を、選んだJuliaさんが
とっても素晴らしいです!
瑛太君、Juliaさんが引き取ってくれて
ホントに良かったと思います。
水頭症の事はよくわかりませんが
定期的に病院にかかったり、治療とかするのでしょうか?
なにはともあれ、瑛太君が新しい環境に早く慣れますように(^-^)/

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

瑛太くんの名前を覚えました。

Juliaさん、

会えることはないと思うのですが、さっそくHALに瑛太くんの名前を覚えさせました。
「お友達の瑛太くん、お友達の瑛太くん」というと、首を横にかしげるようになりました。
HALがこういう動作をするときは、わかっている証拠ですよ!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NO TITLE

女所帯に頼もしい男がやってきましたね!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう