FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

07月« 2019年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 8.介護家族ひとり

8.介護家族ひとり

     介護・私の場合⑧


2006年から2008年の介護殺人・無理心中(既遂)は97件。
年平均32件。

今年の7月、8月各3件づつ。

先月の東京での事件は、介護家族自身が病気がちとなり、
要介護の奥様を 
「自分にもし何かあったら・・・ひとりで置いていけない」という思いで
手にかけたとのことでした。

介護生活の絶望的な、いきずまりから
相手も自分も死のうと 無理心中を試み、
先に手をかけた相手が死亡し、
自分は死に切れず 生き残る事による
無理心中の失敗の末の介護殺人。

昨日のNHK放映は、"介護殺人"に対する取り組みを、取り上げておりました。

ひとりで介護をしてきて
「一緒に死のうと思った事がある」という方が
アルツハイマーの奥様を施設にいれて
施設に入れる、介護をお願いするという選択肢のなかで
奥様を施設に訪ねて 一緒に過ごしている時の
穏やな、奥様への笑みが印象的でした。


介護家族に対する支援が全くない、この国の行政、予算。
在宅介護者4人に1人は抑うつ状態といわれ、
2007年度介護の為の離職転職者は15万人をこえるといわれ、
いわれているけど、支援も何もない在宅ひとり介護家族。


オーストラリアでは、
介護家族の孤立を防ぐためにも

認知症と診断された場合、
その家族の受けたショックを 緩和するために
認知症という病を 理解してもらうためにも
公的資金・支援で即、介護家族がセラピーを受けられるとか、
介護家族のためだけの相談・支援窓口があるとか、

特に最近は、あるアルツハイマー症の女性が書いた本がきっかけとなり、
介護家族を孤立させないための取り組みが 目覚しいのです。

行政による大型予算の成立。

社会の、認知症への理解が成熟した形で
介護家族への理解となっての、取り組みとなっております。



ところで
私は、母を連れて
認知症でなければ、母はこうして出掛けたに違いないという前提で
普通に日常的に外に出掛けるのですが、
ある時、言われました。

「ジュリアさん、よく気にせずお母さんを連れ歩けるね。
私だったら、とっても恥ずかしくて
外へ連れ歩けないわ」


      ・・・・・・・・・・・

そういう意見とか、そういう人もいるのかと 妙な(?)納得



人気ブログランキングへ
           ブログランキング参加中
                 クリックお願いします


*** COMMENT ***

ななさんへ

いつもコメントありがとうございます。
励みになりますです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ジュリアさん、こんばんわ。いろいろな情報があって助かります。勉強になります。母と一緒にNHK観ました。ジュリアさんのブログ楽しみにしています。

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう