FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

07月« 2019年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … ケアマネに伝えました。

ケアマネに伝えました。

前回の記事の、


先日「フェアー」の玄関先で

母が靴箱に掴まりながら

介助なし自力で靴を履いている最中、

スタッフが何の躊躇もなく、

下駄箱から自分の靴を取り出したことを

ケアマネに伝えました。




ケアマネ、それを聞いてまず最初に一言。

   「エェ~~  転倒の可能性あるのに・・・・!」


さすがケアマネ、状況把握が早かったです。





アルツハイマー型認知症の母の残された機能の中で

自分で靴を履く というのがあります。

別に強制もしません。

母が自分でやります。


その時私がいつも

   「わぁ~お母さん、よく足が上がるのね~ 凄いねェ~」

   「ありがとね、お母さん」

   「あら、悪いわねェ~、自分で履かせちゃってェ~」


大体この3つを言います。



母は多分それも聞きたいのかもしれません。

褒められる言葉を。



ですからおぼつかないながらも

母が自分で靴を履くことを私は見守ります。


側に張り付いて

いつ転倒やよろける場面があっても受け止められるを

想定しながら居ます。



ですから

ベテラン(といわれてる)の介護スタッフが

母が靴を履いている最中に

その脇を押しのけて(?!)自分の靴を出すことを優先したのには

唖然でした。


だって別に母が靴を履くのに1分も掛かるわけじゃありませんしね。


まるでそのスタッフの自分の家の、自分の玄関のようでありました。



ま、母はそれで転倒はしませんでしたから

別にクレームとしてケアマネに伝えたわけではありません。


介護職にもいろいろいるわけだ と思った出来事でした。




          クリックお願いします           
             





*** COMMENT ***

ビビコさんへ

あぁ~もうお返事送れて
      ごめんなさ~いe-466e-466e-466

そうです、いろいろ人がいますです。
ビビコさんのお母様を >大切なものを扱うように> の人もいますけどね、
うちの母の周りにも。

介護職の基本ですよね、転倒のリスク減らしたり、避けるのも・・・

ふと思いました。
もしあの時母が転倒したら・・・
もしその転倒によって母が骨折したら・・・・・

あぁ~考えないようにしようv-15 

考えただけで ぞっとするゥ~・・・ですよ。

暖かくなりましたが
暖かいんだか肌寒いんだか、よくわからない気温の今日この頃です。
お母様もビビコさんも体調崩しませんように。 

NO TITLE

ほんとに同じ介護職、ヘルパーさんとかでも
色んな人がいますよね…
母を雨の日に迎えに来たヘルパーさんも
ほんの少しの間でも母が濡れないように、雨カッパを着せてくれたり
大切なものを扱うかのように、母を頭から大判のバスタオルでくるんで
送迎車に乗り込ませてくれる方もいれば
雪の日に、植木の雪が母の頭にバサッと落ちてきても
それ見て大笑いして、被った雪を振り払おうともしてくれないヘルパーさんもいました。
でも、ベテランの方でも、一番気をつけなくちゃいけない
転倒の可能性にしっかり気を配ってくれないのは
ひどいな…
もしも転倒して骨折でもしたら
高齢になると、骨折が、寝たきりのきっかけになってしまうこともあるって
わかりそうなもんなのに・・・
介護スタッフさんに100%の完璧を求めるのは無理としても
ほんとに基本的なことはちゃんとしてくれなくては・・・
安心して預けられないですよね・・・

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう