FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

09月« 2019年10月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»11月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 続きです。

続きです。

昨日の記事の続きです。



夜目覚めてしまって布団でひとりの不安噴出の時、

問題はお泊りの時。



母の

「あぁ~こんな所に来るんじゃなかった・・・」

「おうちに帰りたい・・・」
 を聞いたら

母のその時の頭の中が

以前居た老人ホームのことで埋めつくされていると

わからないスタッフもいます。


母が単に私がいる家を恋しがっていると思っちゃっているでしょう。


で自分の介護と寄り添いが

受け入れてもらえていないと落ち込んでいたりして・・・

(・・・は、ないか・・・・多分・・・)




で、究極に

「あぁ~死んじゃうのかしら・・・・」

なんて利用者である母に呟かれていたら

ギョッ  ですよね。



一緒に寝れば問題なしでも

夜間勤務中で

利用者さんに一緒の布団にはいって添い寝してするわけにもいきませんし。




我が家では

以前は亡くなったいぬのマーシャさんがおりました。

いつもベッドに入った時点で一緒の添い寝でしたから、

途中で目覚めちゃっても 

「誰もいないひとりぼっち感」 が今ほどはありませんでした。


「も一回ネンコしよねェ~」 なんてマーシャに話しかけたりしていました。

         マーシャは爆睡  してるんですけど・・・



いぬのマーシャさんがいなくなって以来、

母の あぁ~  ブツブツ  回数が増えてます。




母の夜間目覚めの

「誰もいないひとりぼっち感」 が引き起こす不安を

知っているスタッフもいるはずですが

もう一度「フェアー」に申し送りした方がいいな と思っています。

新しいスタッフがかなり増えましたからね。



この「誰もいないひとりぼっち感」の対応を誤ると

母は爆発的な不穏を示すときがありますから 




我が家での私の対応は

即ッ!添い寝 で全くの問題なしのわかりやすさですが、

「フェアー」お泊り時のそれに対する対応は

担当当直の個々の才覚に任せる、お願いするしかありませんけど。




      クリックお願いします
               


        母がお泊りの夜、

        今頃、あぁ~ とか ブツブツ かなァ~・・・と気になっちゃうし、
  
        母にとっても お泊りゼロ がいいんですが・・・

        ・・・そ、それは私が無理だな~~~・・・・  ブヒブヒ











*** COMMENT ***

teruさんへ

teruさん、初めまして。

おたより、ホントうれしいです e-343

お料理感心されちゃいましたが
私も結構手抜きです。
常備采のくりかえしとか肉なら次の日も肉ですから。

>最近母は「家に帰りたい」とばかり言います。<

うちの母もここが自分と私の家だと思っていません。
「今度うちに遊びにきてね」のトホホ・・・e-351です。

うちは保険枠内使っても
食事代お泊り有料を含めた預かりでの支払いと私の給料、イコールに近いです・・・
それでも仕事はしたいんです。
ま、私の場合、仕事中毒でもあります。

teruさん、頑張ってますねェ~~e-465
私も頑張りますッ e-466

私も初めまして

今年になってから拝見させて頂いてます。
私も要介護5のアルツハイマーの母と二人暮らしです。ワンチャンはいませんが・・・(笑)
いつもjuliaさんのお料理感心してみています。お母さんはお幸せですね。私も会社に勤めている為、帰ったら、もう疲れて手抜きばかりですよ(笑)
最近母は「家に帰りたい」とばかり言います。平日はデイサービスに週3回、後2日はヘルパーさんに1日3回入ってもらって保険枠をオーバーしています。
ただ最近は独りでいると不安になって足が悪いので1人では歩けないのに、歩いて転倒している事が多くなってきています。以前もう少し元気な時は転倒で救急車に乗った事も3回ありますが、今回のは不安になって動くので本当に危なく、独りで置いておくのが心配で仕事をどうしようかと悩んでいます。
juliaさんの頑張りを見て私も頑張ります。
私の理想の介護をされてます。
これからも元気を頂きます。宜しくお願いします。

halさんへ

halさん、こんばんゎ~ e-466

初めまして、おたよりありがとうございます e-343

もうビックリしましたですよぉ~
halさんからのおたより。
ちょうど「ゆるりん通信」届いていてそれも熟読(!)していた時でしたから。
halさんやまりんすけさんの記事を読んでいて
「あぁ~いいなぁ~~仲間がいて~・・・」なんて思っていたところ。

しかもHALちゃんの写真でしょ。
あぁ~うちのマーシャさんと同じことやってる・・・・
ちゃんと家族してるなぁ~HALちゃん なんてHALちゃんの写真見つめつつ・・・
「おばちゃんはHAlちゃんにチュッ v-414したいぞ」てなところでしたからね。


運命はその時々がありますが
今は親の介護をするという運命の時と 頑張りましょ e-271
頑張るご褒美、頑張る幸せもあります e-465

もうこちらこそよろしくお願いしますですよォ~ 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

はじめまして

julia さん、はじめまして 介護度5のアルツハイマー型レビー小体の母を在宅介護しているhal です。
以前からブログを読ませていただいていました。私もたっとひとりで母を介護しています。しかも、チワワのハルというペットもいます。
母はまったくひとりでいれません。本当に不安定な時は私もトイレへもゆっくり入っていれません。本当に大変ですよね。
介護の工夫をいろいろなさっているんで、参考になります。
私も仕事を(同じ英語教師)週5日4時間程度して、生活をしています。
本当、たいへんだけど、やるしかないですね。
今後ともよろしくお願いします。

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう