FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

07月« 2019年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 怒りんぼさん

怒りんぼさん

今日はビックリしました、皆で 

母のことです。



夕方母を迎えに「フェアー」へ行きました。

いつも家を出る直前に電話を入れます、

「これから迎えに行きま~す」 で3、4分後位に到着です。

その時母はスタッフに手を引かれて玄関に出てきます。


のはずが

到着して玄関を開けましたら

聞こえてきました、母の怒りんぼの声が・・・・


「今これやってんでしょうーーーッ 

「いいわよーーーッ 




要はお迎えのため

「もう帰りましょう、 お迎えJuliaさんが来ましたよ」 のスタッフの声かけに

うるさいわよ、これしてんだから ということで

公文の数字盤数字並べに 超!超!夢中ということでした。



珍しい・・・・いつもは声かけにすんなり応じますから。




で私は靴脱いで中まで入り母のそばに座りました。


でもこの時怒りで興奮している母は

一番大好きなヘルパーのおばちゃんJuliaがきた とはわかりません。

(勿論、娘Julia とわかることは絶対ありえませんしね未来永劫・・・の、認知症)

単なるスタッフのひとり。

「何よ、(横に座った)あんたは?!」 てな感じ・・・・



「お母さん、おトイレ行くけど一緒に大(オシッコ)に行く?」
 の

これには必ず絶対乗ります の 誘い掛けも断固拒否 


「言われた通りにちゃんとやってんのよーーー 

いいのよ、このままで (ほっといて ということで) 




なのでそのまま数字盤をやってもらっておいて・・・・、

しばらく経ってちょっと一呼吸おいたときを見計らって


「お母さん、おトイレ行くけど一緒に大に行く?」

「う~ん、あ、そう~・・・・行くわ」


と立ち上がって私の手を握り

そのまま玄関へ向かって手を引かれ、

靴履いてコート着て帰宅の人となりました 



この時ご機嫌は悪かったけど

もう怒りんぼさんではありませんでした。



今日はスタッフも私もビックリの

超~久しぶりの怒りんぼ。


私は以前の老人ホームから引き取った頃を思い出しました 




原因?

集中力ピークの時に声かけしたからでしょう~

スタッフはお迎えが来るということで

その段取りでの中断の声かけしたから。


ま、タイミングが悪かったということですね。



久しぶりの母の自己主張です。

それはそれでよしです。 





         クリックお願いします ↓
                  


         帰宅後はいつものご機嫌 

         今、私の机で一緒。

         母は公文の計算ドリル、私はPC。


            もう寝よ~よォ~、お母さ~ん・・・・てば~ 

           









*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう