FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

11月« 2019年12月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»01月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 何故なのかわかりません、の今日

何故なのかわかりません、の今日

爪を切りました、母の左足です。

昨晩です。



帰宅後のトイレ介助と下のパジャマズボンとリハパン・パットの履き替え時、

便座に座りながらおしゃべりご機嫌の時です。


巻き爪、伸びている両側先端食い込んでいる皮膚と爪の間に

爪切りを挟んで パチッ!


そんなに伸びてるように見えませんでしたが

切ってみると

爪が当たっていた皮膚はピッと凹んでました~・・・・


それを見た私は ホ~ッでしたが

母は   ・・・・

その後、なかなか回復しない  状態でした・・・・





で、今日朝、「フェアー」に向かう時。


母の歩行が変なのです。

若干のふらつきもありの、つまずいて転びそうになること3回 

いつもお手手繋いでの

手と手は瞬間接着剤で貼りついているような様なので

転倒はありませんでしたが・・・・


普段はありえない状態。


意識はきちんとしていて受け答えのおしゃべりはも問題なし。

脳梗塞とか脳出血の疑いはなし・・・の多分でした。


う~んと唸りながらも

「大丈夫だろう・・・」の予測の元、

母は「フェアー」でお預かりの、私は出勤でした。



その旨、「フェアー」には伝えました。

何かあったら連絡をということで

職場で携帯を携帯しながらの仕事中でした。


で、何にもありませんでした 

日中「フェアー」では

歩行もいつも通りで身体状況も問題なしでした。

我が家に帰宅後も同じく問題なし 



昨晩の爪きりが関係あるのでしょうか~・・・・

関係ないのでしょうか~・・・・



全然わかりません・・・・・・




そしてこの方もです。

朝、食事を食べませんでした 

匂いを嗅いだだけです。

いつもの食事です。

アリィ・・・・どしたのォ~?! とこれも朝から焦る私でした。



       で食事

       でも夕方も一度出すと食べてくれました、の完食。



なぜだかこれもわかりません・・・・・



このふたつ偶然とはいえ、

老人と老犬を抱えての今はホ~~~ッです、とりあえず。





           クリックおねがいしまぁ~す                 
                 ↓
           

            人気ブログランキングへ
                          









*** COMMENT ***

アンジーさんへ

こんばんゎ~

お返事すぐ出来なくてごめんなさい e-466

>お母様、何事もなく、良かったです。<

はい、ホント良かったです。
ふらつかれたりするとすぐ脳卒中を疑う私です。
いつもの日常で
こういうことがあったりすると
ふとこのいつもの日常の終わりが来たのかな、とうとう・・・
と思ってしまったりしてしまいます。

レビー小体型は身体状況が
すぐお天気にさえ影響されちゃうんですね。
ところがアルツハイマー型はそれが非常に少ないです。
そういった影響が受けやすいのは病気よりも
個人の体質の問題のような気がします。

今現在、マーシャ、大変なのです・・・・

NO TITLE

ジュリアさん、こんばんは~

お母様、何事もなく、良かったです。

体調が、季節がら、微妙になるのかな?ごめんなさい・・素人判断ですが・・・

わが母も、季節の変わり目とか、風邪をひいたりの時は、体調が一時的に崩れます
雨の日と晴れの日でも違いますです。

レビー小体型の認知症は、体が硬くなり、動きが鈍くなる、パーキンソン症状があるのですが、もろに、動きが悪くなります。

マーシャさんも良かったです。ご飯食べてくれて・・

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう