FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

11月« 2019年12月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»01月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 慎重にお願いしま~す

慎重にお願いしま~す

お願いをしようと思っています、「フェアー」に。

文章にして。




「入れ歯」 の件です。


去年12月と、ここ2週間前に、

帰宅した母の入れ歯が欠けておりました。

欠けた辺縁のギザギザはネイル用紙ヤスリでツルツルに戻しました。


その前の去年のある日は

やはり帰宅したら上顎奥歯6番の歯がポロリとありませんでした。

(大事な奥歯ァ~~~がァ~~~




母の入れ歯の奥歯延長の辺縁はとても薄いのです。

欠けやすい・・・・よくわかっています。


で私は母の入れ歯を扱う時は

まるで壊れ物を扱うようにちょっとは慎重に扱います。


それをお願いしようと思います。




何故なら

母の認知症の今現在の進行ぶりでは

新しい入れ歯を作製することは全く不可能なのです。

型採りも咬合採得も全く無理でしょう・・・・!



今ある入れ歯で残りの人生を過ごさなければなりません。


もし入れ歯が壊れて使用不能になった場合、

入れ歯なしで歯茎だけでの食事の取り方ですと

咬合力も咀嚼力も失い、

しいては嚥下力も低下します。



       形あるものは壊れるの前提でも

           少しでも入れ歯が使える日々を延ばしたいからです。





             今日の夕食

            タラチリ

                 タラチリ鍋(スケソウタラ、豆腐、春菊、長ネギ)、 

  コールスロー(キャべ人参コーン)、タラコ・ゴボウ・白滝の炒め煮、アスパラ・チーズ炒め。

                 玄米ご飯、大根・油揚げ味噌汁+カイワレ。





北海道生まれの私としては助宗タラを見つけて 

幼い頃の我が家の冬の定番の鍋タラチリを思い出しながら・・・




でも今回ホントのお目当てはこれです 

              助宗たら 縮
                            ↑
                         見事なタラコです 





幼い時母が作ってくれたのは

このタラコと、つきコンニャクの甘辛炒め煮でした。


ところが魚屋さんのおばちゃんが

「白滝とゴボウとでも美味しいよ 」と。

それでやってみました。


妙なさっぱり感があっての別物の味があり(使う調味料は同じでも)

これも   でした。


            
                 クリックお願いしま~す
                        ↓                          
                    
  



                    
  

*** COMMENT ***

アンジーさんへ

ありがとうございます e-466

お年寄りの入れ歯ちゃんて、結構その人の寿命に関わる大事なことですよねぇ~
噛んで食べれるか、飲み込み或いは流動食じゃでは、ものすごい違いですから。

歯医者通いも大変です。
新しい入れ歯ちゃんが出来上がっても、その後の調整がかなり必要な場合も
生じるし・・・・

母の入れ歯ちゃんが欠けてきたときは正直青くなりました e-447

でもその時直ぐに言わなかったのは
多分誰が担当で誰が~・・・という犯人(?!)探しに終始しての
問題の解決を図られるのがイヤだったんです。

問題は介護職全体の意識レベルの問題ですから。
如何に高齢者や認知症患者にとって入れ歯が重要かということで。

ですから今回、そろそろ(?!)書面で書こうと思ったのは
その書面を全体で回し読みして、
それによって個々全体の問題として改善改革を図ってもらいたかったんです。

母ばかりでなく他のお年寄り達のためにも なんです。


この母の入れ歯ちゃんに関しては
いささか私はお怒りモードでした、アンジーさんと同じ e-284

欠けた位じゃ何も言ってこない・・・でした、誰も。

ま、不幸中の幸いでもあります。
バッキリ折れての使用不能は避けられましたから・・・

NO TITLE

コメント続きです。

今日の夕食も豪勢な、栄養たっぷり、愛情たっぷりな感じで、おいしそ~

鍋はこの時期、ぴったりですね。

NO TITLE

ジュリアさん、こんばんは。

お母様の入れ歯の件、気をつけて見ていただくようにお願いしたほうがよいと思います。

以前、私の母も、お泊まりに行って、入れ歯を失くされてしまったことがありました。
大切な下の奥歯で、ポッコリと、穴があいてしまいまして、、、

まだ、元気だった頃に作ってもらって、母も「ぴったりなのよ~」って快調だった入れ歯ちゃん。何より、歯医者に通院させるのが大変で、毎回付き添い、説明を聞き~の、なんだかんだで、完成するまで、2か月もかかってしまいまして、挙句、前回のようにピッタリには出来ず、「うーん・・何かちょっと・・・」の仕上がりに、私もガッカリ、グッタリ、んもー!って少しお怒りモード気味でした。

高齢というだけでも、歯医者に行って治療を受けるのは、大変なことなのに、ましてや、この病気をかかえての、通院、治療は、ものすご~く大変なんです!
でも、入れ歯は本当に大切なアイテムなのです!

そこら辺は私も、はっきりと、施設の方にお話ししました。
ジュリアさん、書面でキッチリ、お願いしたほうがよいと思いますよ。

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう