FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

07月« 2019年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 認知症進行の中で・・・

認知症進行の中で・・・

先日講演会に行ってきましてその時聞いた話の中で


去年はこれで大変でも今年はそれがなくなって、

その点、今大変なことも来年は多分なくなっているでしょう


とのお話がありましたが、

母にはそれが充分当てはまります。



例えば

昔老人ホームから母を引き取った時

母の紙オムツへの拒否はそりゃ~ひどかったです  

しかも日中オムツが必要な状態で母を施設から引き取ったにもかかわらずです。


今は日中、普通のパンツでして

夜間だけです、紙オムツと尿とりパットは。

しかも全然拒否はありません。


私が履かせる時、

「あらッ、あら~ 申し訳ありませんねェ~」




そして

徘徊の可能性はほとんどありません。

引き取ってまもなくの頃

母は1度我が家からひとりで出ての徘徊行方不明がありました 

「フェアー」からも1回 

     口から心臓が飛び出そうでした、私・・・・




当時はドアーが出入り口であるということを理解していました。


今や認知症の進行と共にドアが何であるか理解できません。

自分から ドアノブを触ることは全くありません。




でも不思議です・・・・


私は母をお迎えの帰宅時、先に私が玄関口に入って 

「お母さん、玄関のドア閉めてくれる?」 と言いますと

「これね」 と言ってドアノブを摑んでゆっくりドアを閉めてくれます。


又トイレ介助の後も毎回お願いします。

「お母さん、トイレのドア閉めてくれる?」 と。

やはり同じです、「これね」 と言って閉めます。


そしてきちんと ドアノブを廻しながら ドアを閉めてくれます。

閉め方はまだわかっているんですね。



あぁ~大変と思っていても

認知症が進行していく中で、

改善がうまくいってる場合もありますし、

やはり認知という機能を失って出来なくなってしまったという状況の変化もあります。




             今日の夕食

          いかの煮付け

          サツマイモの甘辛煮、 イカの煮付け、 トマト・ブロコ、 

                            キャベツ・人参・コーンのコールスロー、

          もずく黒酢・生姜、 白飯、 椎茸・長ネギの卵とじ椀。 




うまく撮れませんなァ~ 

実際はご飯もお椀も小さいんです。手前がでかく写っちゃいますゥ・・・・


              
 
                     ↑
                 クリックお願いしまァ~す



        イカの煮付けなんですが

        これは処理した生イカを調味料に浸けてそのまま冷凍しました。

        浸けて冷凍したものは直接煮付けたものより柔らかいんです。

        こうすると入れ歯の母でも食べられますです 


   


                  


*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう