FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

10月« 2020年11月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»12月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 連絡帳の変更

連絡帳の変更

母は丁度今眠りに入りました 22時。


一緒に添い寝の私は

それでその横をそ~ゥと抜け出てきました。


その時、ちょっと薄目を開けて

「あら、寒いの・・・・? モゴ モゴ モゴ・・・・ 」
 で そのまま 





最近、小規模多機能型施設である「フェアー」の連絡帳が替わりました。


何度かの変更の中で

今度は介護記録のコピーがそのまま添付です。

これが今回の連絡帳です。


時間を追っての記録で

その時間ごとの母の動きと様態がわかります。



勿論、家族に公開という前提ですので

どこまでの内容の記載かは私にはわかりませんが。

基本的に介護記録というのは内部資料ですからね。




以前は私が 

「メマリー」投与、投与中止を含めた状況下で、

母の認知症の進行具合を知りたい、

よって「フェアー」での様子を知りたいということで

特定の一部スタッフによる記載と意見、

それをフォローする形でのケアマネの詳細な記載がありました。

大変助かりました 




ただ今回の あれ? は

家族からの連絡事項を記入する欄もスペースもないことです。

      ない・・・・・・




小規模多機能は

居宅の要介護者を在宅状況の同じように支援する

という施設のはずですから

通所時の、在宅からの様子・連絡を取らずしてどう施設で介護支援するのだろうか

とちょっと(実はかなり)思いましたですよ。



私は以前母が便秘で苦しんでいた(今は全くなし)ことを前提に

自宅での排便排泄状況も記載します。


これひとつとっても

母の 出ないのに 「大(オシッコ)がしたい」トイレコールが

ほんとにしたいのか、

排便がほんとに始まるのかの

判断材料になると思うからです。

便ショックも起こしますからね・・・・


母のアルツハイマー病特有のわからんちんぶりに関しても

わが家ではこうです、多分こうでしょうという

判断材料も提供していました。


今日の起床後のご機嫌が  か  か とかも。


勿論、質問事項もスケジュール的連絡事項もです。




これが家族と施設側の連携だと思うからです。


       要介護者の状態を把握する。

       情報を共有する。



これに尽きると思います、私は ですが。




勿論、施設側からの連絡帳で、

利用者要介護者の通所時の様子を知る必要なく

家族側からも何もない ということで

この連絡帳が必要としないご家族もいらっしゃるでしょうが。



連絡帳がこの介護記録コピーのみになる時点で、

その連絡帳が必要か否かの書面でのアンケートがありました。


        当然 私は 「要ります、要りますッ、要りますよォ~~ !!」




                人気ブログランキングへ ブログランキング参加中
                クリックお願いしまぁ~す






*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう