FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

07月« 2019年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 投薬中止のその後

投薬中止のその後

母への 「メマリー」投与中止して1週間が過ぎました。


そんなに時間が経っていませんが

今現在、私が気づいたことです。



「メマリー」の副作用に 浮腫 が明記されていますが、

母は2日前から全くといっていいほど 浮腫 がなくなりました。



投薬開始直後から、

パンボンッの両足の浮腫がありました。


その時夏になり水分摂取量も増えたことにより、

又冷房が開始されたこともあり、

副作用なのかそのせいなのか不明でした。


夜デトックスを兼ねたリンパマッサージでなんとか・・・・

でも翌朝ボンパツッはかなり残りました。



その後は

毎日パンボンッでも

夜のそのリンパマッサージで

翌朝はほとんど浮腫は見られなくなりました。

で「メマリー」のせいではなかった・・・と思っていました。



それが今はありません、日中も夜も。

足の甲もすっきり、ふくらはぎはポヨポヨすっきりです。

歩行がとても楽そうです。




また副作用のひとつとして 便秘 が明記されていますが、

母は投与以来、その逆に便秘の解消でした。



あれだけ苦しんで便ショックまで起こして救急搬送されたりして・・・

が今は素晴しい(?!)と言えるくらいの改善ぶりです、投与以来。

毎日か、一日おきです  今現在も。

形状・量とも、しかもスンナリです。


担当ドクターは「メマリー」の影響だと考えています。


投与中止してこれはどうなるのか、ドキドキです 

ここはすごくネックに考えています。





ご機嫌は変化はありません、今のところ。


お休みでず~と一緒に過ごしていて

私は真っ赤なセーターを着、母も同系の赤の上着を着てました。


赤色によく反応する母は

「あら~~いい色だことォ~~」 と私の赤いセーターを見て。

「あら、お母さんも同じ色よ。同じ赤」

「あらそうだわ。双子なのね。ね、双子のおねえちゃぁ~ん」 と母。


もう茶目っ気たっぷりに私の顔を覗きこみながら言うわけですよ。

ね、双子のおねえちゃんと私に呼びかけて

キャハハと嬉しそうに笑い声をたてました、自分の冗談にですよ。


そして私のセーターが目に付く度に

自分の上着の袖に手をやって色を確認してました。



     いつの間にか双子の姉妹ですよ、アタシ。

     しかもおねえちゃんですって、母の。 

         ま、いっかァ~母ご機嫌で 



            今日の夕食

           鱈と白菜夕食
 
                     鱈と白菜の鍋 + 白だしで作ってみたポン酢で

        ヒジキ煮(人参・油揚げ)、   コールスロー(キャベツ・人参・コーン)

      玄米ご飯、  ニンニクたっぷりのトマトスープ(ワカメ入り)、 温奴エノキあんかけ。



母は今 コールスロー にはまっています。

COOKPAD から引っ張って、

蜂蜜、牛乳、マヨでケンタッキー風に  お子ちゃまも喜ぶ~・・・という味で。

お子ちゃま並みに 「おいしいわぁ~~~これ  だそうです。

母お気に入りの常備菜、一品増えましたァ~~~~



                人気ブログランキングへ ブログランキング参加中
                 クリックお願いしまぁ~す   





 

     

*** COMMENT ***

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう