FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

07月« 2019年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月
BLOGTOP » お知らせ » TITLE … いやあー全く未だPCと格闘中。

いやあー全く未だPCと格闘中。




    記事を書く? うーーん・・・・・・

パソコンは検索のみでしか使ったことないから、
いやあぁーまいった、まいってた、まいってるぅ!

ブログランキングのバナーを貼るのに、ずーッとずーッとやってる訳です。  
FC2のバナーはなんとか機能しているようですが・・・(たぶん) 
「人気blogランキング」はとりあえず貼り付いているけど、
機能してないと思うのです。
HTMLファイルをコピーし、TeraPad起動したり・・・・・
あぁ大体にしてリンク部分記述の行がなぜか300行台で終了とか、
TeraPadの中はなぜか英文のみでリンク部分はここからなんて
全然見つけられませんツ!
バナーはとりあえずダイアログボックスに飾ってあるんですけどね。
本も2冊買ってるんですけどね。

画面のレイアウトなんていつのことでしょうね。
それと友人がコメントを書いてくれたとの事ですが、
何も・・・・乗ってませんでしたァ・・・


今日、瑠璃ちゃんのお迎えの後、週に1回のお外でランチ昼飯日で
近くのお蕎麦屋さんへ。
週に1回のお外でデナー晩飯日もある。
このお蕎麦屋さんの女将さんは母がアルツハイマー認知症である事の
理解があるせいか 本当に母を褒めてくれます。
「その洋服、とってもお似合い」とか「いつもお元気でとってもすてき」
と母の目をしっかり見て笑顔でおっしゃってくれます。
そのときの母の嬉しそうな顔といったら・・・!
そこへ行く度に「あら、わたし始めてここに来たわ。」と言うのですけどね。

自分が何もできなくなっていく事が、頭で理解できなくても
心では感じ取っている中での不安。
そして社会における生産性の欠如から来る疎外感やら、
身体性の衰えやら、・・・やら、・・・・やら、から来る孤独感。
人はみな孤独で不安だろうけど、老人の場合、褒めてあげる。
気がついたら言葉に出して褒めてあげる。
満面の笑みを引き出したら、穏やかな日々で一日が終わります。

つうか、それしかないかぁ・・・・!


犬のマーシャは15歳をとうに過ぎた雌のミニダックス。
老人性白内障で眼球も真っ白で全盲です。
私の事、大大大好き!
私も大大大好きッ!
瑠璃ちゃんは施設の「フェアー」でムニャムニャスーピィー眠ってるでしょう。
私とマーシャも布団へ。うーん、幸せ!

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう