FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

08月« 2019年09月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»10月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 残りの最後

残りの最後

仕事が終わって帰宅途中のバスの中で

                    ふと思うことがあります。



もし母が認知症ではなかったら、こう電話してみたい と。

    「お母さん、今仕事が終わったの。

             何か買って帰るものある?」



    「お母さん、今日は外でご飯食べようよ。

            今から出て来れる? 私、待ってるから」
 と。




私と二人暮しの母は私からの電話はうれしいだろうし、待ってるに違いない。

         「そうねェ~、 。。。を買ってきてくれる?」

        「あら、そうね。じゃぁ今から出かけるわね、待っててね」


と言うに違いありません。




でもそれはありえません。

ちょっと切なくなります。




アルツハイマー型認知症に母がなるなんて予測もしませんでした、昔。

そして今や介護されている母がおり、介護する自分がおります。

予期せぬ人生でもありました。



母は十分老いており、私も老いを迎えています。

残りの、最後の最後の時をふたりで生きている。


          今、母が私といてくれる・・・・

              例え母が認知症であっても、

                    この今に感謝しています。





                 人気ブログランキングへ ブログランキング参加中

                クリックお願いしまぁ~す







*** COMMENT ***

みやさんへ

こんばんゎ~

ホント、こう言って電話してみたい とよく思います。

認知症でなければなんでもない、何気ない事が
どんだけ大切なことだったか とも思い知らされます。

でもこれも現実です、「予期せぬ人生」の。

だから後で後悔しないためにも
今を頑張る 気分なんです。

悲しいかな、母が認知症になってしまったことによって
得た自分の心の有りようがあります。

今だにできの悪い娘に何かを教えつづける母に感謝なんですよ。

ななしさんへ

コメントありがとうございます。

予測しなかった人生と自分がいます。

でも予測できる人生なんて、
よ~く考えたら、ないんですよね。

認知症になってその人のその人らしさが削り取られていきますけど、
でもその人らしさも十分残っているものですよね。
それを見たり、見つけたり・・・・

それがこちらの喜びになっている時が多々あります。

逆にすごくかわいらしさが目立ったりして~


家族みんなで見守られて、お母様はお幸せですねェ~。

ご家族含めてお母様もななしさんも

この時期、風邪などひきませんように、ご自愛くださいませ。

NO TITLE

私も電話したいです。楽しそう!!もう、出来ないけど…。

「予期せぬ人生」ですよね。
でも、前を向いているJuliaさんは素敵です。

同じです

>アルツハイマー型認知症に母がなるなんて予測もしませんでした
全く同感です。
私の母も認知症です。
母は何でも出来る人でした。(広く浅く)
何でだろうと思い悩んだこともありましたが、病気になった今でもまだ母らしい所も見られます。
せん妄が現れているときは腹立たしいときもありますが、かわいらしさもまだあります。
私の場合はまだ父も健在ですし姉もいます。
かわいらしい母を見守っていきます。

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう