FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

08月« 2020年09月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»10月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 嵐の中

嵐の中

昨日、

嵐になってる最中の16時近くに帰宅しました、仕事から。


バスを降りたら、

傘させないぞォ~状態の暴風雨  


バス停から自宅までたった2、3分の距離でしたが、

風にも負けず雨にも負けず傘もさせず 

下着まで濡れての帰宅。




天気予報で今こちらに向かっている台風状況をを確認して、

母を17時ではなく、今すぐ迎えに行く事に。

このままじゃ、今晩お泊りの可能性も出てきて・・・・

お母さんに、それじゃ申し訳ないし・・・・

さらにもっと酷くなる前に 「よしッ  迎えに行かなくちゃッ」 と。



外はたった数分でも更にもの凄~い雨と風・・・



母にフード付きビニール雨カッパを着せ、

いざ自宅へ を決行。



私は母をその脇の下から抱えてその手でフードが飛ばされて脱げないように押さえ、

もう片一方の手は母のお風呂セットバッグを肘に通し、

傘を持ちながら母の手を握る・・・で母をしっかり抱きかかえて歩き出しました。


向かい風と雨の中を進む・・・

風の強さに比例して身体もグラッ~グラッ としながら・・・一歩一歩・・・



と、途中母は 「痛いわ、当って」 と、使用不能の閉じたままの傘の柄が。

傘の柄握ったままで母の手を握ってましたから。


「お母さん、私の手首を握ってッ」

母、私が何言ってるかわかりません、手首がわかりません。

私は母を抱えているもう一方の手を離せません、離したら母は飛んで行っちゃいます状態。

「私の白いところ、握ってッ」と傘を握った手と肘の下げているバッグの腕の間を。

何度か繰り返して、母、やっと私の手首を握りました、しかもガッツリの ホッ 


歩き出しましたよぉ~・・・・又。


大きな駐車場の中で母は強風にあおられて倒れました。

私の頭の中で「きたぞッ」ときて、

バッと引き上げず、逆に力を調整してゆっくり倒れこむように・・・

しかも一緒に倒れたらバランス失って大変なことになるッ と必死にこらえながら。


今度は母が立ち上がれません、風の凄さに。

私もしゃがんで母を抱きかかえたまま・・・しばらく・・・じィ~と・・・



ワア~ これじゃ広い荒野の困難の中で

か弱いヒロインをかばって抱きかかえるヒーローみたいな

まるでハリウッド映画みたい
  と

途中一瞬冗談をかましたくなりましたが、

          それどころではありませんでした 




一瞬の風の弱まる隙をみて車の陰に何とか移動・・・傘捨てて・・・

でも雨凄く、母はなんとか大丈夫だけれど、

私はずぶ濡れなんてもんじゃない、ずぶ濡れでした。

しかもここにいてもしょうがないし、家は目の前・・・

はい、又、歩くぞッを決行・・・


自宅建物入り口にたどり着いた私は
 

          ア、アウ~、ア、アウ~、ア、アウ~ウゥ~ブゥ~バウ~   グッ、グッ、グルピィィ~~ ッ・・・・ 


もう声なんか出ないくらいの息ずかい~・・・

(母がもし側にいず、私一人だったら、しゃがみこんでいました 状態・・・・)


あの雨と風の中、

前を見据えて歩く私の顔面にたたきつける雨と風で

私は ほとんど呼吸が出来ない状態 だったわけですよ。

最中は気がつきませんでした・・・それどころじゃなくて・・・


いやぁ~ 初めての経験でした。



母はビニールカッパと、そのフードに守られ問題ありませんでした。

しかもしっかり私にしがみついていてくれました 


        でも反省もしていますです、ハイ・・・

             すごく危険でしたから・・・!

       でもアッという間にのその2時間後、

             嵐が治まるとは知りませんでした の弁解・・・・


    



        今朝起きたら 突き抜けるような空の素晴しい快晴です。

             昨日のことがまるで何もなかったかのように

                その姿をみせている 自然の姿 です。




   
                人気ブログランキングへ ブログランキングに参加中

              今日のお天気にクリックお願いしまぁ~す 





*** COMMENT ***

じへりん母さんへ

私はバスでしたから問題なく帰れましたが
会社の、回りの多くは帰宅が大変だったみたいでした。

あの嵐の中、母を迎えに、しかも連れ帰るなんて
何やってるのッアタシ v-15 と反省状態です。

・・・・ 深~く反省・・・・

親父さんへ

こんばんゎ~

翌日、台風の去った後を見て、
そのすさまじいことを実感しましたぁ・・・

> 母はお泊りだったので鉄筋の建物内でがっちり護られていました。
古い木造家屋の自宅だったら怖い思いをさせたかも知れません。 <

結局、私の状況判断ミスで
母には本当にすまない思いをさせてしまいました。
しかもとりあえず何事もなかったからよかったですが~・・・
今になってギョッとしています、思い出すだけで。

NO TITLE

秦野は午後5時に再接近、暴風圏内を抜け出すのは午後8時。

私のもっとも親しいケータイ専用メル友くんの、市の災害情報メールが(笑)、何回もケータイに熱いラブレターをよこしてくれたので、一番重要なメールを愛甲石田の某会社にいる主人に転送しました。

午後2時に退社許可が出て、すぐに帰った人は、小田急が止まっていて6時間ほど駅待機だったそうです。

主人は車だったので、暴風時間帯は避け、いつものように午後9時に帰宅してきました(笑)

2時に退社しても、9時に退社しても、帰宅時間は変わらずe-263

メル友くんの情報に感謝e-266です(笑)

それにしても、近年まれに見る、日中の直撃でしたね~!!

NO TITLE

こちらは夕方5時過ぎには風も止みました。
今朝市内を走ったらあちらこちらで屋根や看板が壊れたり、結構大きな木が倒れてました。
母はお泊りだったので鉄筋の建物内でがっちり護られていました。
古い木造家屋の自宅だったら怖い思いをさせたかも知れません。

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう