FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

08月« 2019年09月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»10月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 立ち止まってみました。

立ち止まってみました。

灰色の雲の中から青空も見え、

太陽もその中から顔を出し、

全然暑くない夏の時期です、の今朝 




この間の母の状況を見ながら、

私はちょっと立ち止まっていろいろ思っています、考えています。


4年前に母を入居施設から引き取り、在宅でのふたりでの暮らし。

それ以来のことをいろいろ思い出してみました、

母への思いや母の進行状況を。




私は私なりに母に対して、

母と同居するうえで認知症を患っている母との暮らしは

単なる同居ではなく、介護同居なのだぞ  という基本のうえで

母の認知症の進行を押さえる、

それまで失ってきた機能を取り戻す、維持する、

認知症でも安全安心なのよ という

生活環境を作り上げることにエネルギーを使ってきたわけです。



それなりの効果が私と母との生活に十分な平穏をもたらしています。




しかし、今回の日々変わる母の状況をみて

あらためて老化と認知症による確実な進行はあるのだな と実感です。

今のこの形での穏やかな日々がそのままいつまでも続くわけがないのです。



    そ、そりゃそうなんですけどねッ。

           
母、アルツハイマー型認知症ですから 





ですからいずれこのままいくと

そして母は車椅子の補助が必要となり、

寝たきりになる可能性が高いです。

勿論、記憶も言語もすっぱり削ぎ落とされ、表現力を失い、

追視できずの 無動となるでしょう。


今、やはりほんの少し、少しずつではありますが、

その方向に向かっているのだな と実感してるんですよ。

つい忘れてしまってましたですよォ・・・このふたりでの穏やかな生活が続いていて。



その次のステップのために私の心つもりも必要な時期なんだな と実感。



今現在の、

仕事に夢中にもなれ、その間母は「フェアー」で過ごし、

それ以外は二人で過ごす の日々から

母と一緒にいるために完全医療在宅になるのだな、いずれと。


母が横たわっているベッドの側にいて、

母の息ずかいを聞きながら

今は読めない本を読んでるんでしょうね、私。




母を引き取った時点で

いずれアルツハイマー病認知症の最終的なそういう事は自覚して覚悟しておりますが、

ついついこの穏やかな生活に埋没して忘れているところでありました。



           ま、母の状況状態が変わっても

    私の母への想い、そしてその人権と尊厳は守るは変わりませんからね。





               人気ブログランキングへ ブログランキング参加中
                 クリックお願いしますです







  




*** COMMENT ***

Helgaさんへ

Helgaさん、お疲れ様で~すe-466

>忙しくてバタバタしていたり、毎日が落ち着いていたりすると、ふとその時間の流れが永遠と錯覚してしまう事ってありますよね。 <

毎日仕事と介護で時間に追われて、
一日、一年が過ぎるのがアッという間でして・・・・
でも母の病状の進行具合を省みて、
その変化にあらためて時の流れを実感というところです。
時は同じところにとどまらない、
流れて次の場面ステージに移行していくものとも実感です。

このまま幸せでいたい と思ってもその同じ状況の維持は無理。
でも次の場面ステージでも中身変わっても
母とふたり + 老犬で 幸せでいよう と思っていますe-271

まめさんへ

こんにちゎ~ まめさ~ん

そうですよね、
思い返すといろいろなことがありましたよね~
しかもまだいっぱい(?!)ありますしィ~・・・
相手は脳の病気ですから。

でもそれをこなしてきた、乗り越えてきた私達がいますですよッe-284

一緒にいられるだけで十分と。


>う~ん、評価が難しいお薬ですね~ <

はい、やはり新薬でして~・・・
試行錯誤状態に入っていてちょっと考え中です。

お身体、ご自愛くださいね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NO TITLE

今回のJulia Kerryさんの記事を読んで、同じように考えてみた在宅介護者が多いと思います。
忙しくてバタバタしていたり、毎日が落ち着いていたりすると、ふとその時間の流れが永遠と錯覚してしまう事ってありますよね。

たとえアルツハイマーでも寝たきりの可能性が高くてもそうなるとは限りませんよ。日常生活がとても充実しているし、きっとお母様も穏やかな気持ちで生活出来ると思います。
おトイレの事とか色々大変でしょうけど、多分それは薬の関係でそうなったのかもしれませんね。落ち着くまでもうちょっと?
本当にトイレが近いのなら膀胱炎かもしれませんが、就寝出来ているなら大丈夫だと思います。

NO TITLE

確かに、母がおそらく発症したであろうころから10年あまり。
思い返すと、収集癖、外出して行方不明になること、それぞれがある一時期の事であったと実感しています。
こんなことを繰り返して、進行していくのでしょうね。
毎日毎日は修羅場だと思ってるのですが、きっと思い返すと穏やかな日々。
どうかいつまでも続きますように。

追伸:メマリー情報ありがとうございます。
う~ん、評価が難しいお薬ですね~

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう