FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

12月« 2020年01月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»02月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 水分補給

水分補給

   もう今年は70人の方が熱中症で亡くなられているとか。

              屋外の作業中や屋内エアコンをつけてないお年寄りも・・・




母のことを考えました。


節電 や 熱い暑い の今のこの時期ですが、

今や母は「フェアー」でも、我が家でもエアコンの中です。

我が家では母が居る時と夜間は、 エアコンON です。

設定温度上げて(去年と比して)のエアコン + 扇風機。


この時期この炎天下、お出掛けしません(何があっても~)から、

母が外に出るのは「フェアー」と我が家との往復のみで

片道2、3分だけです、の だけ 




体重1kgに対して必要水分40ml(老人ですので、成人は50ml)の計算で

一日に最低必要な水分量を算出 しますが、

母の場合、1600ml最低必要というなかで、

体内での代謝生成水分 および 食事からの吸収 を考えると

経口摂取量は大して多くないんですよね。



我が家では

長い睡眠時間の間に失われた水分のために および便秘対策を兼ねての

朝起床後一番の水分補給150mlから始まり、

                     お水 ゴクゴク~ と 美味しそうに~ 



日中デイ「フェアー」でも十分な経口水分補給量です。

(これは連絡帳に書いてあります。)



一日の最低必要水分摂取量は軽く超えています。




暑くなっても、まだエアコンOFFでも大丈夫だった梅雨明け前は

エアコンを好まない母のためにエアコンつけずにいました。


母はちゃんと暑いなら暑いなりに汗を掻く人なので

(私は汗をあまり掻かない人、母と違って・・・)

勿論その時それなりに失われた水分量の、

増量補給を当然の事ながらやっておりました。



でもよ~~く考えると

ここにきて暑さ熱中症対策の必要ない、

今やどこでもエアコンの中にいる母の、

200ml~400mlの経口摂取量の増量は今や多いかも・・・・と。


            う~ん・・・母の浮腫が気になっておりまして・・私・・



今日の母; 今朝からメマリーを15mgに増量での投与開始です。



              人気ブログランキングへ ブログランキング参加中
                     ↑
                 クリックお願いします





*** COMMENT ***

みやさんへ

カルメンマキ、良いですよねぉ~~~
特にこの歌が響きます。

私の心と意志は自由だから、
寄り添いながら一緒に生きていくわよオ~~
介護でも何でもオッケーよッ!
てな気分にもなって、
自分の心を覗き込みます。


> でもでも、母は娘を自由に生きさせたかったんだと思います。
いつも、どんなこともやりたいようにと応援してくれました。 <

親ってホントにそうかも・・・
特に昔の親は時代的にも貧しかったし、
限定された環境の選択しかなかったから、
「子供には(道を外さなければ、)好きな事を~~!」という想いが強いものかもしれません。
それが親の喜びに繋がっていたんですよね。

> 恩返ししようと思ったときが遅いけど。
そう生きさせてくれた母に感謝してこれからも自由に生きていきます。
それが恩返しかもですね <

全然全く遅くありませんッ!
恩返しと親孝行はこれからです。
今お母様本人が一番辛い時だから、寄り添って支える ですよ。

そして自由に生きてきた生きてゆくみやさんの心と意志が
お母様への贈り物。
私はこんな人に育ったよ と そしてこれからも と。。

NO TITLE

少し遅いコメントですが、カルメンマキ 空へ 最高です。
めちゃくちゃいいですよ。

私も母も、「あんたの自由に生きな。あんたの人生なんだから」とよく言ってくれました。
その言葉を単純に受け止めて、自由気ままに生きさせてもらってきました。
一緒に旅行も数回しか行かなかった。洋服やバックも一緒に買いに行かなかった。
母も元気で、友達と一緒に行くほうがいいなんて言ってたし。

ここのところ、だから母は寂しくて、認知症になったのかな。なんて考えていました。
長女なのに、家から出て夫と二人暮らししていたし。
家を継いで家を守らなかったの悪かったのかななんて…。

でもでも、母は娘を自由に生きさせたかったんだと思います。
いつも、どんなこともやりたいようにと応援してくれました。

恩返ししようと思ったときが遅いけど。
そう生きさせてくれた母に感謝してこれからも自由に生きていきます。
それが恩返しかもですね。

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう