FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

10月« 2020年11月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»12月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 休みの間に

休みの間に

三日間お休みして 休息十分 てな感じです



日中、母には「フェアー」へ行ってもらい、

夕方お迎えまで、その間、基本的に何もせずの家事労働も放棄し、

ほとんど睡眠~ ちょっと目覚めて、又睡眠~ の繰り返しでした。

しかも ば~爆睡 




昨晩は野菜がきれたのと、食事のメニュー考えるのが億劫で夕食は外食に。

いつもの 「ごきげん鳥」 へ母を連れて友人のふうちゃんと。


もひとつ理由は

メマリーの投与中現在、いつも行く処で母の変化があるかどうか見たかったからです。



ふうちゃんのお迎えの車に乗り、

「ごきげん鳥」ではいつも通り、

私とふうちゃんはおしゃべりし、

母は次々順番に出される焼き鳥をいつも通りパクパクモグモグと美味しいと。


たったひとつ違ったのは

「大(おしっこ)がしたいの」 のトイレコールが食事中一度も無かった事です。

いつもは食事中3~5回くらいの トイレコール でした、必ず毎回!

今までありえなかったことで、私もふうちゃんもちょっと、いえ、かなり驚きでした






        そして今晩

         薬を切る
                              ↑
                       切っているのは 「メマリー」 ではなく、 「アリセプト」



実はこれをやってもらうのは半年ぶり位です。


前回の去年11月はそれ以前に比べて、ハサミの持ち方、切り方がわからず、

私が手を添えて教えて、やっとなんとか自分で切り終えました。

今回、最初ハサミの持ち手の指の入れ方がわかりませんでしたが、

私が口頭で言ったらすぐ理解してサクッと。

そして 「ここを切って、一個ずつね」 と言ったら、これまたサクッ、チョキン、チョッキンと。

アッというまに  



前回で私は母はもう無理だろうと思っていましたが、

メマリー投与中もありのお願いをしました。

メマリーのせいかはわかりません。ビックリの進歩です 

そして 「お母さん、ありがとうねぇ~、たすかるゎ~」 と。




今のところの母; まだというか、なんというか 毎日排便 あり 

            浮腫は続いています。
            夜のマッサージで翌朝はほとんど治まってる状態です。

            後、上記2点です。


           人気ブログランキングへ 
                   ブログランキング参加中
        暑いので団扇にクリックを













*** COMMENT ***

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう