FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

08月« 2020年09月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»10月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … Face to face

Face to face

           わからなくなって

                   わからないからといって・・・





私達はコミュニケーションをとるのに言語を使います。

話す、聞く。


しかもそれだけでなく、

非言語的コミュニケーションによって情報も得ます。

相手の表情、口調、身振り手振り、服装までもが脳の中に情報として蓄積されます。




うちの母の場合ですが、

経験として蓄積されたもの、言語で表現できる物の名前・・・

すべてが記憶の中からバッサリと削ぎ落とされています。

ですから言語を使った論理的なコミュニケーションは

私と母の場合、一般論的には成立してません。



   今やバナナもトマトも名前がわかりませんです。        
 
        かろうじて食べられるであろうという認識だけ。


   自分が今どこにいるのかわかりません。        

        かろうじてここは安全、ここより他に行くところがわからないという認識だけ。

        
   私が娘であることもわかりませんゥ・・。
        

        かろうじて私をあてにしてればいいのだという認識だけ。


   一秒前の過去はありません。 

        今を生きてる のそのまんま。
               
                ・
                ・ 
                ・

そんな中で非言語的コミュ二ケーションから受けた感情はしっかり残っております。




優しい口調のひとか、大きい声を出さない人か、

自分のやらかした失敗にウフフと笑っていてくれてる人か、

出来ない事を手助けしてくれる人か、

今居るところを指し示してくれる人か、

「そうなのね」 と言ってくれる人か、 「すごいわね」 と褒めてくれる人か、

いつもニコニコしている人か、 いつも話しかけてくれる人か、

手を繋いでいてくれる人か、 HUG HUG でぬくもりをくれる人か、・・・・人か、

そして

いつも自分の目をみて話してくれる人か FACE TO FACE で、          




      自分にとって 心地よい人 だけが いいひと。

            心地よさ をくれる人だけがたより。





何かを論理的に繋ぎ合わせて組み立てて考える事は出来なくなるのがこの病ですが、

そのぶんだけ私達認知症ではない人間よりも

ずっとずっと繊細で感受性が強くなるのもこの病です。



      心地よさ から引き出された要介護者の穏やかさは

            介護の達成感と介護者の幸せをもたらしてくれます。

                   それで 介護です。


      両者が あるいはどちらかが不幸なら、介護は成立しない危険性を孕みます。



      と、私は思っています。




                 人気ブログランキングへ ブログランキング参加中
                      クリックお願いします






*** COMMENT ***

まめさんへ

まめさ~ん、こんばんゎ~~

お元気でしょうか?!


>心境に達していらっしゃることもとてもうらやましい。 <

母と比較的疎遠状態だった私が母と再会した時は、
すでにかなりの周辺状況の悪化がありました。
入居施設におりました。

ず~とそばにいて母の病状の悪化を見たきたわけではなかったので、
いつも日常の、その事にその事実に苦しんできたわけではなかったので、
私自身はとても客観的に見ることが出来ました。

それが他の介護の方と違うかもしれません。

情報と本で客観的に捉える事も比較的容易だったと思います。

引き取れるか、すなわち私が介護できるか という選択のときも
非常に悩みました。
でも決断してからは自分自身に徹底的に 刷り込み を行いました。
勉強しましたです。
アルツハイマー病認知症というものを。


又母に対する申し訳のなさがあります。
母に気づいてもっと早く入居施設から連れ出して解放してあげることが
出来ていたら、
ここまでの進行が止められたかもしれないと。
まだ認知症状や記憶の欠落がひどくなかった時点で
母はとても苦しんでいたようでもあるのです。
自分の、この病気に。

大人になってから長い間、
母と距離を置いて生きてきて、
母との縁を育てなかったという強い後悔もあります。



そして私自身、歳を重ねました。

母の老いを、認知症を見つめて、
私自身が己の老いを見つめています。
人間の老い、死が来る中で 
ふたりで穏やかに充実して生きたい とホントに思っているのです。

もし私がもっと若かったら、
介護をこうは考えなかったであろうし、
しなかった可能性のほうが大きいですね、多分。



老いる ということは私にとっては悪くありません。

それが 私の介護 を容易にしているのだと思います。

そして 私は母を愛してる と実感させられてますから。



まめさんだって頑張っていらっしゃるの、私にはわかります。


NO TITLE

久しぶりにお邪魔しました。
この雨のお天気のように、介護する側の気持ちも晴れたり曇ったり、雹が降ったり。
この投稿は染みました。

普段介護の当事者であるJuliaさんがこんなに心境に達していらっしゃることもとてもうらやましい。
見習いたいです。

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう