FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

07月« 2019年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 来年も

来年も

昨日は母と桜を観に、歩いて5分のお寺へ。


桜の木の下で

       「お母さん、ほら、桜 綺麗ねぇ~」 と上を指して。

       母、「あら~・・・そうねぇ~」 と真っ直ぐ水平線の方を見て・・・・

       「お母さん、こっちこっち、ほらもっと上見てみて。 桜 綺麗でしょ」

       「あら~・・・桜って言うのォ~・・・?」



   去年は 「桜 綺麗に咲いてることぉ~」 とわかっていたんですけどね・・・・




で、すぐに 「もういいわよ。帰ろうよ」 と。

母は自分が わからないこと ということを認識すると 不安 に陥ります。




この後、これまた歩いて5分のところにある小さな造園の空き地へ。

そこで腰掛けて

桜はありませんが、いろんな木々に囲まれてお弁当を開きました。

かっぱ巻きと太巻きと韃靼ソバ茶、

そしてガーリックオイルタップリのトマトサラダ  ←何故かイタリアン・・・ま、いっかぁ~・・・



かっぱ巻きは短めでの一口サイズに切ってあるので、パクリモグモグと。

口からきゅうりを取り出して 「あら、これ硬いわ」 といつものセリフ。

「でも美味しいでしょうォ~ お母さんの代わりに私が作ったのよ」

「あらァ~ これ、せんせ様が作ったのぉ~~~」


太巻きのほうは普通サイズでの切り方しか出来ません。

なのでこれもいつもどうり、

海苔を一口で噛み切れない母はボロボロこぼしながらのモグモグです。



        来年もまた、しっかり自分の足で歩いてもらって

                ふたりで 桜の季節 を過ごしたいものです。



                 人気ブログランキングへ
                ブログランキング参加中
                    クリックお願いします





*** COMMENT ***

まめさんへ

まめさ~ん、おひさしぶりです。

まめさんのほうも何事もなく、お元気でしょうか?!

桜の花はそれは見事なものでした。

いろいろな小さな我が家のイベントで去年や一昨年の母を比べて
母の病状の進行具合を知る手がかりになります。

「あ、去年まではこうだったなぁ~・・・」とか・・・・

最近は歩くのを嫌がりますが、
それでも自力で歩いてくれ、嚥下の問題も全くなく食欲もあり、ニコニコと、
それだけでも十分ありがたいです。

ほんと、来年も母とお花見がしたいものです。
たとえどんどん何もわからなくなっても・・・

NO TITLE

すてきなすてきなお花見でしたね。
桜には去年とちがう反応であっても、同じようにお寿司をほおばるお母様。
一緒に過ごせる時間があることがありがたい。
来年もよいお花見ができますように。

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう