FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

11月« 2019年12月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»01月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 私が不安・・・

私が不安・・・

今日私は出勤無し、英語日本語教室も無しで、夕方用事で街中へ の予定。

母は11時から「フェアー」への予定。


母を送った後の夕方までの時間、

掃除といぬのマーシャさんのシャンプーと自分の髪染めの予定スケジュール。



     でしたがぁ~・・・・


               母、ぶっちぎりのご機嫌
 
                                      




朝からゆったりゆったりで、いつもの出勤目指しての朝の緊張感全然なしで・・・

私も朝から母にべったりマジックテープ張り付き状態・・・・

そりゃぁ~母は出かけたくありませんです。


           私は出かけませんから オーラ、 バンバンッ


11時という予定通り出かけようと思えば何とか出来ます。




    でも不安・・・・ ←私が


母が「フェアー」で便ショック起こしたり、迷走神経反射起こしてひっくり返ったり・・・

ほとんどが私がお休みで朝からふたりでゆっくりまったりして の、

その後「フェアー」に預けた時なのです。



そして今朝から排便も始まりました。

前回から丁度3日目ですのでそろそろ今日あたり~のグッドタイミングでもあり、

量も形状も一安心と確認して・・・・・結果、最終的に出切ったぞッ、ホッもありました。



先日の眉間に皺を寄せての母の不安不穏状態もありましたから、

私自身、母のニッコニッコのご機嫌振りから離れたくなぁ~い  でして・・・。




「フェアー」に電話して母の状況を説明してとりあえず昼食のキャンセル。

状況、すなわちあまりのご機嫌に、そちらに向かうタイミングを逃していると。

             ・
             ・
             ・
ふたりで包帯巻き(保健師看護婦だった母に最適の作業)やら

洗濯物畳やら数字盤並べやら・・・お昼ごはんやらコーヒーやら・・・

             ・
             ・
             ・

「お母さん、私買い物に行くんだけど、一緒に行ってくれる?」 と。

「あら~いいわよぉ~」 と。


それでふたりでお家を出ました。(3時のおやつは「フェアー」でということで。)

なんか、すご~く申し訳ないような切ない気持ち・・・・


昨日大量失禁でオチッコ臭いマーシャさんのシャンプーも

私の髪染めも今日はもう出来ないのは別にいいけど

用事はキャンセルできないしなぁ~ と、 しゃ~ないですゥゥ・・・・




                 人気ブログランキングへ
           ブログランキング参加中
                   クリックお願いしますゥゥ・・・




    

*** COMMENT ***

Helgaさんへ

そうなんです。

すごく空気を読みますし、感も鋭いです。

母にとって私はこの世で一番優しいヘルパーのおばちゃん。
一番安全で安心な人なわけです。

自分が産んだ娘とはもうすっかりわかりません。

でも頼りになるのはこの人だけということで
自分のために空気を読んだり、私のために空気を読んでくれたりします。

アルツハイマー病を発症して10年をゆうに超えましたが、
最近は加齢と共に少しずつ病気の進行がみられます。
そんな中で私の都合で通所やお泊りがあって、申し訳ない気持ちです。
今日は特に・・・

おうちが居心地よいというご機嫌の良さをみますと
私の側から離したくないと・・・ちょっと切なくなります。

NO TITLE

お母様、かわいいですね~。物事がすんなり進まないのはちょっと残念ですけど、そうそう自分の計画通りには進みませんからね、誰かと住んでいると。
でもお母様って空気を読むのが上手ですね。だってJulia Kerryさんがお休みで精神的に落ち着いているのを感じているとしか思えないタイミングですもの!!

こういう話を読むと人との交流は言葉だけじゃないと痛感します。特に親子はさらに通じ合ってる気がします。v-238

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう