FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

08月« 2020年09月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»10月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 料理ではなく、調理です~

料理ではなく、調理です~

朝からお日様が~ 


お天気だと

今日はあれをしよう~これを終わらせよう~  が増える起床時。




まずは自分の朝食とエクササイズ(今日は呼吸法)と学習デスクワーク。



6時になって

エルダー・シェルのオチッコ・ウンチタイム。


今日はシェルとそのまま強度ウォーキングに行って。 

シェルの満足感、満タン 


そしてそのままふたりのご飯タイム。



次に母のケアに移行して。


で、今日のお母さんの朝ごはん。
190503_0852~01

ワカメと生姜炒め。 エノキだけの醤油麹炒め煮(ここも生姜おろして)。 

長ネギタップリの豚ミンチと豆腐のマーボー豆腐(ここも生姜入り)。

シラス入り玄米粥。 パンプキンポタージュ。


生姜があちこちに入って。

我が家は生姜とニンニクも台所に常備の必需品。





動物性植物性たんぱく質(魚・肉・卵・乳製品・大豆)は欠かさずして、

それ以外に海藻類とキノコ類は大切です。

あとナッツ類・果物類とオメガ3オイル。

あ、ゴマも!


一日の母の3食の食事には

これらを分散して均等に必ず摂れるようにしています。


そして朝ごはんと一緒に摂った葉っぱ類スムージーとお茶です。
190503_0856~01

バナナ・リンゴ・サニーレタス、ブロッコリスーパースプライト、春菊。

葉っぱ類はグリーンスムージーで生で。

母は果物単独で食すのはなかなか難儀ですので

ここで果物を摂ってもらいます。


今日のお茶は

オクラを蒸しミネラルウォーターにつけて水出ししたオクラ茶ゼリー。

食事介助の時に食してもらいながら

食後血糖値の急上昇を抑えます。




母の食事というのはお料理という感覚ではなく、

ひたすら栄養のバランスをとるための 調理 ですね。


化学調味料・保存料入りは絶対に避けて、

出来るだけ調味料・ドレッシングは手作りして。

無農薬・有機で食材のもつ自然の味で食してもらっています。



母の口から入っていく食材に

「頑張ってお母さんの栄養になってね~  と送り出します  

栄養不足による褥瘡の回避と免疫力強化のために。


今朝も母は一口一口ずつスプーンで運ばれるのを

美味しそうに食して完食でした。




只今、母もワンたちも 

午前中メインの私の第一ラウンドが終了して

穏やかな時間が流れています。



ワンたち用座布団も外干しして。
190503_0953~01


座布団なくなったけど敷物は必須のアタシです~
190503_0952~01



今日金曜日午後から母は「フェアー」にお風呂入りに出かけます。

金曜日予約の一泊お泊りはキャンセルしてあります。

母が出かけている3時間半の間、

いつものように図書館と本屋と食材購入に街中に出かけます。



今日は私は授業がありません。

世間は10連休中なので

私の授業スケジュールも来週6日までお休みです。


母もお泊りなし、私の授業なしで母との時間がゆっくり使えますね。


11:00になったら

母を起こしておトイレ介助と、

車椅子に移乗してもらって水分補給です。

そしてゆっくりしながらお昼ご飯を摂ってもらい、

「フェアー」からのスタッフのお迎えをおやつを持って待ちます。



今日も一日が始まっています 



        ブログランキング参加中
         クリックお願いします

             ↓       
         
       
    












*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう