FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

07月« 2019年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … おトイレ介助の母の進化

おトイレ介助の母の進化

起床時から雨降り。



朝のワンたち、雨の中。


エルダーはオチッコして、

雨の中でも歩いていってウンチしたい意向を示してくれて~ GJ 


シェルは自分からオチッコだけ、サッサと。

サッサと家に向かう。。。早ッ。

雨嫌いだから・・・・そして日中の運動の時すりゃいいと思っているのか。。。。




金曜日からの「フェアー」お泊りで私の都合で2泊3日となった母。

日曜日帰宅して、翌月曜日の昨日の「フェアー」入浴通所をどうするか。。。


月曜日午前中は訪問マッサージを受けて。


で、お昼ご飯をスプーンで一口一口と食してもらながら、

「うん、お母さん、今日は「フェアー」お出かけ、中止しようね~、

後で身体拭いてあげるから~ そうしよう~」
 と決めちゃって。


ま、私的根拠なくではあります~


「フェアー」入浴キャンセルして、母と一日過ごしましたよ 




今日も

いつもの母の一日が始まっています。


朝ごはん食べて、

背もたれ軽く上げて、そのままベッドでウトウトタイム
190430_0917~01

今日は気温が低いのでエアコンつけて、首回りも気をつけて。


この後11:00過ぎには

起きてもらってまずポータブルでのおトイレ介助して

車椅子に移乗してダイニングテーブルに移動して水分補給。

ゆっくりしてもらってお昼ご飯の時間になります。




ここ最近、

母はすこぶる調子が良いのです。


食欲旺盛で完食、排便も順調、座位もしっかり、覚醒はっきり と

重度のアルツハイマー型認知症の母は

予想を覆しての順調ぶりなのです。


認知症や高齢による諸々の衰えがみられません。

むしろ改善されています。



特に驚くのは

おトイレ介助なのです。


我が家でも「フェアー」でも母はおトイレ誘導されます。

すでにオチッコはパッドにしていることがほとんどです。

(但し、排便は絶対おトイレで、ず~とです。パッドの中にはしません)


だったのですが、

この間、母は誘導されたたびに ”おトイレで排尿する” 回数が増え、

昨日も夜間以外の日中は

一度もパッドに排尿していませんでした 


先週も一度、一日中完全におトイレ介助で排尿が成功しました。



今までは 自分の尿意わからず、コントロールが出来ずわからず なのに

今は オチッコはおトイレで の認識が出来ているのですよ。



進行して悪化していく認知症でなく

きちんと環境によってまた改善がみられる、

たとえ重度でもアルツハイマー病であります。


母の場合。




夕方から学校帰りの高校生の授業があります。

それまでに母にそばにいてもらいながら

この生徒のプリント作りをしながらゆっくり過ごします 



運動に行きましょーーーーッ! とやってくるシェルには

朝のゴミ出しの時に

「雨でしょう~… 行けませ~ン」 とベランダ開けてみせて。


それでもまた 行きましょう~ が始まるシェルには

「だからさっき見たでしょう~ 雨ダス。。。。」 と同じセリフを言ってみる 




       ブログランキング参加中
         クリックお願いします

            ↓
         
 
        雨ですが皆様も素敵な一日を 














*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう