FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

12月« 2020年01月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»02月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 仕事

仕事

母を仕事中ず~と「フェアー」に預けたり、

私自身の十分な睡眠時間を確保するために「フェアー」でのお泊りをしたり、

私が仕事で働く労賃と「フェアー」への支払いのバランスはプラスちょっと。

友人に言われました、「何のために働いてるの?」と。





                そ、なぜ仕事するか、この私?


人間は社会的動物として産まれて、そのための教育訓練されていますから

社会との接点、つながりが必要です。

私自身、仕事を持ってそれを生活のベースにして社会との接点を持ち、

又、生産性を持った人間という形で社会への貢献に関わってきましたから、ずっと。

独身ということもありまして。

(夜の飲食店経営はちょっと別ですが・・・生産性が高いとはどうしても思えないし・・・)



今は5時間労働で一介の製造業の労働者。

バス停からバス停の交通の便の良さ。

職場のまん前は図書館、近くにいつも行く本屋さん、スポーツクラブもあります。

又、食材を調達するために出て来ます、普段。


          ある意味、利便性において好条件。




母中心の生活なので今や職種はあえて問いません、

バリキャリで雇ってくれる会社はありません、年齢も年齢だし・・・

拘束時間の長いのも無理です、

          介護生活ですから。




そして又、朝起床して仕事に行くのだというメリハリというか気構えというか

それも私の脳には必要です。

一歩外に出るということ自体、脳へのひとつの刺激です。
    





    いずれ母はこのままいくと寝たきりになる可能性が高い。

    その時私は在宅医療で母に掛かりきりとなり、家に籠もる生活となるでしょう。

    その時の覚悟はあります。




ですから今の段階でそれまで仕事が出来るなら仕事をして

その形を通しての社会との接点を持ちたいとも思っています。




     逆に介護家族だからこそ社会との接点が必要です、孤立しないために。

     その手段のひとつでもあります、仕事は。私にとって。





     そして 「好きな事とか、趣味は何ですか?」 と聞かれたら

             「仕事です」 と即答する仕事中毒の私 ←アホ?・・・・!




                     人気ブログランキングへ
                ブログランキング参加中
                          クリックお願いします



PS. 今はまだ、母が嫌がることなく、「フェアー」へ行ってくれます。

   アルツハイマーで何もわからんちんの母ですが、

   私に私の大好きな仕事に行かせてくれている事にいつも感謝しています。 

   母が「フェアー」へ出かけることが出来なくなる日まで私は仕事がしたい。




*** COMMENT ***

かおるさんへ

わぁ~お久しぶりです。

お元気でしょうか~

その後、母上の調子はどうですか?!

私には仕事をするという事と、母、マーシャさんしかありません。
それで十分でして、やるっきゃないッてなところでしょうか~

私の充実感が母とマーシャさんの幸せにつながり、
逆も又しかりです。

寒くなりました。
風邪など召さないように!

母上に宜しく伝えてくださいな!

仕事もこなし、介護もやるし~ 軽くざっくりしっかりこなして羨ましいです。私も頑張るきになります。応援してます。

Helgaさんへ

おはようございます。
日本は朝です。

今日は自宅英語教室の日で、出勤はなし。

コメントありがとうございます。

Helgaさんがおっしゃってる、そのとうりなのです。

仕事大好きでそれをすることで、
又、それを通したいろいろなかかわりの中で
私は自分の存在意義や理由を確認できます、いい悪い含めて、自分自身の中で。

仕事で「社会に出てる」という意識が
私自身も社会の一部であるという
自己認識をもたらしてくれるのです、私の場合。

仕事を通して自己確認、
だから介護生活も全然苦じゃありません。
大変ですけど(全介助にちかいですから)、
時間管理と効率でそれを軽減クリアーできてますし、
さらなる穏やかな幸せな介護生活のために
張り切っちゃいますッ。
介護を通しても自己確認です。

母を老人ホームから引き取った時、
認知症特有の、又老人ホームでの扱いから来る後遺症(?!)で
そりゃぁ~大変でしたぁ~
凶暴なときもあり、暴言もすごく、リハパンでしたし、
私も殴られまして鼻血ブーでしたし・・・・
今の母からは想像できません。

今の穏やか母。
安心と安全が確保されているという結果だとおもいます。

母も「フェアー」に出かけて脳に刺激を、
私も仕事で出かけて脳に刺激を。
そして私達の巣である自宅でふたりで暮らしています。

はっきりいって仕事を持ちながらの理想の在宅ひとり介護。
それを支えてくれている「フェアー」の支援に感謝一杯です。

NO TITLE

何のために働くか、という目的は『お金』以外に一杯あると思います。社会との接点ってとても重要だと私も感じています。それがなかったら…お金持ちで時間に余裕がある人なら、『習い事』とか他にも方法があるかと思うけど、仕事って一番『社会に出てる』という意識が持てる事じゃないですか?

仕事をしていると体力的にも大変だし、嫌な上司とか(笑)の事でストレスたまると思いますが、ちょっと息抜きにもなりません?色々な人と話が出来るし、通勤時間に色々な人を見る事だけでも気分が違いますよね。仕事が趣味、なJulia Kerryさん、なんとなくわかる気がします。v-221

アルツハイマーでも静かな方っていますよね。好き嫌いはあっても今通っているフェアーが本当に嫌だったら抵抗すると思いますので、きっとそこにいても安心だと思える環境なのではないでしょうか?外出するという脳への刺激はお母さまにも必要でそれが良い方に動いているように思えますよ。v-290

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう