FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

09月« 2018年10月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»11月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 母のおかげで♪

母のおかげで♪

気温は低めで(湿度高いけど)、

小雨の合間をぬって、

今日は久しぶりに、シェル一日2回の私のインターバルウォーキングの伴走。


まぁ~嬉しそうでしたよ 

季節がらホント久しぶりの一日2回運動、タッタカタッタカと。





母のポータブルトイレを搬入して2か月近く。


以前の狭いおトイレ内でのようなトラブル(落下・転倒)一度もなく、

その使い勝手に順調さにありがたかったのですが

今日はとうとう、母は地球の重力の法則に則って落下。



おトイレ介助でポータブルトイレに移動で、

いつも通り、

車いすから立ち上がりをし、

片手で母を支え、片手でズボンとリハパンを下に下げると

母はリハパンの動きと一緒に自分の膝も曲げて下がるわけですよ~・・・


かなり意志的に。

はい、こうなのね~ 的に。




OMG~  となって

母が下にへたり込むか、私が母を持ち上げ立ち上げるかの、攻防・・・


「お、お母さん、立って~ 立っちして~~ がんばれ~」



ま、がんばれ~と言いましたが

実は内心は自分に!


だって母は重いですからね~・・・




無理に立ち上げても母にはキツイでしょうから

そこで判断して、ゆっくり下に降りるように私の力をコントロールして

床にゆっくり下して安定させて。



その後母を床から立ち上げるのは難儀でしたよ~・・・



久しぶりの ”認知症ひとり介護あるある” でありました。



私は汗ビッショリ。

母は全然汗かいてませんでした~~ 



今日も3食、水分補給、おやつ完食。

お元気ちゃんの母でありました。

それで十分嬉しいし、ありがたいです。



生き物はいつかその命を終えます。

母と私の、それぞれのいつかはいつかわかりません。



せっかく出会った母と子という、母と私の縁です。



今我が家の家族であるわんシェルも同様です。

後数日後に保健所で殺処分になる予定の子でした。

その子が今ここにいます、生きています。



私を含めて、

それぞれどっちがだれが先に逝くかわかりませんが、


残りのそれぞれの生を一緒に楽しく頑張りたいですのですね~ 



          ブログランキング参加中
           クリックお願いします

               ↓
           















*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう