FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

09月« 2018年10月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»11月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 認知症のひとがいる風景。

認知症のひとがいる風景。

今日は生徒の臨時授業。


私の生徒は大人の中、唯一の中学生の生徒です。

小学生のころから教えています。


中学3年生になった今年の夏休みは

予定の授業以外にもやってきています。



今日も電話があり、「先生、暇ですか?!」 と。


(他の授業は入っていないので予定はないけど、

う~~ん、暇とは言えない。。。 お母さんがいますからね。)


でも

「もちろん授業受けたいのならやりましょやりましょう」 ということで

しかも普段の倍の時間もやってしまったです。


ま、本人がやる気満々ですから~ 



この時母にはすぐそばで車椅子で待機してもらって。



授業中の母の待機、

母は慣れていますね、今や。


そして

授業の教室に認知症の人が車椅子で置かれている、

これも生徒達が慣れています、

我が家の普通の授業風景 






母は2年半前に脳梗塞を起こして

当時は食事もとても難儀でした。



舌が本人の意思とは関係なく動き回りますし、

食べたものはダラダラと落ちても来ました。。。


バスタオルがエプロン代わりでしたが

一回で食物でバスタオルはデロデロになっていました。。。。


でも2年半が過ぎ去る中、

今は全くバスタオルやタオルを汚すことがなくなりましたよ。


食欲も維持しています。

今日も 「これから食べる物ね」 と認知して見ていますよ 

とりあえずバスタオルのエプロンつけて。
08 12



普通に食せます。


もちろんスプーンで一口一口介助ですが

上手に口腔内に食べ物を取り込んでくれています。

舌ベロの反射運動も全くなくなりましたね。




今は「フェアー」にお風呂入りに出かけるのも午後からですので

以前のように昼食は「フェアー」でということはありません。


私が毎日3食、おやつ、水分補給の毎回毎回を丁寧にやっています。

毎日そばにいて継続することが改善に繋がりましたね。



今日という一日が終わりました。

穏やかな一日でした。

母とわんシェルという家族に感謝です。



           ブログランキングに参加中
            クリックお願いします

                 ↓
             
   













*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう