FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

09月« 2018年10月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»11月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … はいはい と同意してくれて♪

はいはい と同意してくれて♪

今日は起床してシェルのオチッコだけ で外へのいつも。



外、暑くないのですよね~


シェル、路面も熱くないわよッ! このまま運動に行きましょう~ と

久しぶりのふたりで朝活 



最近は朝と日中どちらかの運動はない(夜だけ)ので

行きましょう~ と見つめられる私。穴があく。。。 

180723_0843~01

で今朝は久しぶりにクリアして。

保健所に持ち込まれる前は外飼いだったせいもあり、

お外大好きですからね~  ま、ワンはお外大好きですからね!


といっても

先代犬の瑛太とゆうちゃんはお外嫌いでした・・・・

ま、病持ちでしたからね。自分でバランスをとっていたのでしょう。





昨日、母の「フェアー」お迎え時に

「フェアー」の新しい看護師さんもお迎えスタッフに同行されて

ご挨拶でした。



母に関する引継ぎはなかったようです。


以前の看護師さんがお辞めになってから勤務です。


母に関する身体的介護看護状況を情報として共有するために

どこかで時間作ってミーティングしなくちゃ ですね。


情報の共有は大事ですから。




お辞めになった以前の看護師さんは

知識が豊富で優秀であり、とても愛情深く、コミュニケーション能力高く、

私は介護家族としてとても助かっていたのですよ。


医療的な部分は彼女に相談すればいいですし、

母の、その医療的部分も担ってくださったので

私はただただ母の介護に専念することが出来ましたよ。




この間、この看護師さんがお辞めになってから、

母の医療的なことを相談したりアドバイス頂いたりする方がいませんでした。



母は落ち着いていて

今はまだ、全然、訪問看護をいれる段階でもないですしね。




母は今日も穏やかに落ち着いていました。


私が

お母さん、着替えましょうね~ ご飯ですよ~ 血圧測りますからね~ とかとか

声をかけるたびに

最近は 「はいはい」 と小さな声ですが返事をしてくれます。


次になにをする ということがわかっていて、同意もしてくれています。




重度のアルツハイマー病であり、

数年前には脳梗塞も発症した母です。


もう十分なコミュニケーションなのですよ 



          ブログランキング参加中
           クリックお願いします

                ↓
           
 













*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう