FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

09月« 2018年10月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»11月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 撤去して。

撤去して。

今日、

母は起床時、かなりパジャマに汗をかいていました。。。


う~ん、夜間の室温の管理も問題なくでしたが。


もしかしてまた夜間に熱が出たのかもしれませんが

起床時その時も日中も体温は36.6℃と正常でした、ホ~ 



起床介助後は

朝ごはん前にまずOS-1ゼリーを飲んでもらって。

電解質バランスの維持のために。




今日は訪問マッサージの日でした。

朝ごはんの後、傾眠して丁度先生がお見えになった頃、

しっかり覚醒していて。


先生にマッサージを受けて。


シェルは定位置です。
180723_1026~01

シェルはこの先生が大好きです。

この状態で時々先生のところにお愛想に行きます 

私に 「シェル~ 邪魔しちゃダメよ~ こっち来ていて~」 と呼び戻されて。



あと土曜日生徒男子のことも大好きです。

多分シェルは男性に飼われていたのでしょうね。

人が大好きですがしっかり男性の方への反応が凄いです。



おトイレがスッキリしました。
180704_1401~01


便器に取り付けたこのひじ掛け(画像は下の設置部分)を撤去し、

ここでのおトイレ介助はもうないので

母に摘便してあげる時の使い捨てグローブやら、

パットやらおしり拭きやらも母の介助用のものはかたずけて、広々です。


この長い介護生活で

母は自力で歩いて自分できちんと排泄出来る時期もあり、

やはり少しずつ介助が必要となりの段階を踏み、

とうとう手すりまでつけてのおトイレでした。


そして撤去。


母はもう二度とこのおトイレを使うことはありません。



時の流れと共に母の姿も変わっていきます。


でも母と一緒に過ごす時間は変わりません。

お元気ちゃんなのでそれでありがたい、十分です。



           ブログランキング参加中。
           クリックお願いします

                 ↓
           













*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう