FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

09月« 2018年10月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»11月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 介護生活真っ最中

介護生活真っ最中

母はおトイレでの排泄から

ポータブルトイレによる排泄に移行しました。


コメントによるアドバイスを頂きまして購入即断して。

先週火曜日に搬入されましたよ。




車椅子から立ち上がらせて便座に移動して、

次に排泄介助して、

又便座から車椅子に移乗して戻って。


この間片手で母を立たせて支え、もう片手でズボンやリハパンの装着脱。



と、この一連の動作はなんら変わりませんが

とても楽になりました、私は。そして介助される母も。




車椅子がドア敷居をまたいで半分乗り上げた狭くなったおトイレで、

立たせたり座らせたり、

よっこらよっこらッ! と動けない母を抱え上げて回れ右する必要もなく、

ふたりで床に崩れ落ちて、そこからの立ち上がりの難儀もなく、

今は

車椅子の横に付けたポータブルトイレに

右から左に移乗させらるからです。



こういう移乗は母と私は慣れています。


「フェアー」や外出の時に室内用から外出用車椅子への移乗、

ベッドからあるいはその逆の車椅子移乗。

ソファーへのあるいは、からの移乗です。


移乗はやはりそれなりに難儀ですが

今までのようなおトイレでの動作の無駄もなくなりましたね。



もし転倒しても起こしてあげやすくなりました。

ここがクリア出来たのも大きいですよ~。


これはこれで介護生活の進化です。
180719_1536~02


昨日、自分の家族の介護を終えた友人が我が家に来て、

このポータブルトイレが堂々と部屋の隅に置いてあるのを見て、


「介護生活真っ最中ですね~」 と言っていましたよ。

私は 「はぃ~~ o(^▽^)o 」 と。




今私の横にいる母 
180720_1437~01

しっかり私の手を握っていますよ 


重度のアルツハイマー型認知症の母が

私の手を握っていたい といてくれます。

心地よくとても嬉しいものです 


但し、キーボード片手打ち。。。 



この猛暑。

皆様、熱中症対策、強く意識しながらお過ごしください。

今日も素敵な一日を。


          ブログランキング参加中です。
           クリックお願いします

                ↓ 
             











*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう