Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

05月« 2018年06月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»07月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 雷鳴

雷鳴

昨日は

午後から雷鳴がなかなか大きかったです。


シェルは大パ二くりでした・・・・ 



自分から入っていきました・・・・
180524_1428~02


普段は絶対に使用拒否のクレートですが

ドアを閉めてみました。 じ~としてました。。。。
180524_1443~01


犬はオオカミ族ですから巣穴が自分の生活拠点なので、

シェルにとって普段は絶対拒否するクレートが

やはり身を隠すという意味で

本能として巣穴の代わりのようでした。




普段から音には敏感です。


外飼いのはずでしたから

まだ掃除機の音と洗濯機の脱水機の音には反応します、

今まで経験したことがない音として。


パ二くりはしませんが。





昨日の母は

寝不足気味のはずでしたが

傾眠もなく覚醒もはっきりしていました 


雷鳴には全然動ぜず。。。 



午後からは

「フェアー」のケアマネがいらしての月一カンファレンスでした。


特に何もなく、今後も週二回13:00~16:30入浴利用の確認。

今月5月はお泊り利用はなく、但し6月予定は入れました。



「フェアー」ケアマネに

「お母さん、おうちにいると表情がはっきりしていてホント穏やかですね~」 

と言われましたよ。


そ、だから「フェアー」利用回数を減らしたのですよ。




今日はお天気の予報。  まだ雲が多めですが。

今日の母は訪問マッサージの先生がいらっしゃる日です。



一日が始まっています。 素敵な一日をお過ごしください 



          クリックお願いします               
              ↓
          
















*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう