Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

04月« 2018年05月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»06月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 端座位しっかりね。

端座位しっかりね。

五月らしい青空です。

但し、風は強いです。




お母さん、おはよう~  母が目覚めて。

ベッド上で

清拭、身体リンパに沿ってスリスリ、足中心にモミモミして更衣します。


その後車いすに移乗するのに

マットレスをハードにしてベッドで端座位をとっててもらいます。




まず自分の感覚でとってもらう一人で端座位です。


次に私も横に一緒に座ります。


片手で母の肩を引き寄せながらバランスが取れやすいように、

しっかりとした安定感を感じて、それを覚えててもらうためです。


リハの一環でもあるのですよ。



一旦誰かに支えてもらった方が当然安定感を感じるようです。

自分ひとりの端座位と支えられる安定感の端座位。


母の場合、

これをやるとやらないとではひとり端座位の維持のバランスが全然違います。


あと、私との密着感も心地よさそうです。

                母、まだマスク中。
180515_1112~03

ここでちょっとおしゃべりも。

お母さん、今日はお天気よ~ 今日の朝ごはんは大葉がいっぱいよ~ 

今日は私お仕事入ってないからまったりね~ 。。。。。



見た目はまるでフランスの公園のベンチで

肩寄せあって語り合ってる恋人同士のようです 




この後車椅子でお仏壇の所に移動して

父とご先祖様に手を合わせて、

そのままダイニングに移動して

まず血圧と体温の計測。


で朝ごはん。

いつも変わらぬ母の起床後ルーティンです。




今日の お母さん朝ごはん
180515_1132~01

赤パプリカ・ニンニク・パセリ。 鯖をほぐして。

梅干し・大葉の玄米粥。 パンプキンポタージュ・サワークリーム。

Green Smoothie 、菊芋茶ゼリー、玉ねぎ皮茶 の定番。




母の起床介助に入ったら

その間いい子ちゃんで待機のシェルです。

絶対私のそばで。
180515_1115~01

アタシ、手伝ってあげればいいけど手伝えないからぁ~ と

いつもこのポーズです。


車椅子移乗が終わったとたんに 尻尾ブンブン 
180515_1104~01



あ、もうお母さんおやつと水分補給の時間だ~ 

シェル、お母さんのおやつの後はガッツリ運動行きますよ~ 


              クリックお願いします
                   ↓
               














*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう