Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

04月« 2018年05月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»06月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 何が何でも出かけました~

何が何でも出かけました~

今日はとても寒くなりました。



母のスケジュールは

「フェアー」にお風呂入りにですが

やはり今日も10:30からの利用を13:00からに変更してもらいました。

16:30帰宅で3時間半の利用です。



早朝、シェルのオチッコタイム、強い雨の中。

帰宅して私の朝ごはん。
180509_0930~02

チキン手羽の塩麹漬け、レタス、新玉ねぎ、ヨーグルト・甘酒やら

フランスパンにコーヒー。


ガッツリ食べて机に向かうはずが・・・睡魔が・・・・

レ、レ、レ・・・ となって。。。。


母を起こすまでに2時間以上あるので

「おかあさぁ~ん、すみませ~ん、私も寝せて~」 ということで

眠っている母のベッドに潜り込んで1時間近く眠ってしまった。。。


母はきちんと微動だせずに上向きなので

私は横向きで母の腕にしがみついて 


温かくて心地よい眠りでした。




起床した母はいつもと変りなく、

お迎えが来てお風呂セットもって「フェアー」に出かけて行きました。




でこの後、

私は 何が何でも街中に行くぞ ということで。



寒いのでスプリングコート来て、

バックの中身に忘れ物がないか、重々に確認して、

バックを背負い、靴も履き替えて、出かける準備完了!


この格好で机に向かって、30分。

いつものふりで何事もないように。



台所でシェル用に簡単なご飯を作ってきて。



シェルは机に向かっている時も台所にいる時も移動も

私に張り付いていて。。。



勉強部屋にそのご飯持って移動して。

「シェル~ ちょっとサービスよ~ 食べて~  と。



大喜びのシェルが食器に顔を突っ込んだ瞬間に

私は回れ右して空飛ぶ勢いの猛烈ダッシュで玄関に向かい、

外に出ました。


出た瞬間とシェルが追ってきた瞬間は同時でした。。。。。




私はドア前の外階段に座って、本読みながらシェルの様子伺い。


シェル、玄関で ク~ンホワァワ~ン と鳴いておりましたが

でも立ち去る足音が。。。。


ウフフフ~ ご飯の所に戻ったようです。



10分間様子見しましたが

玄関の所には戻ってきませんでした。

鳴いたり吠えたりもしませんでした。


私が玄関から出たことは忘れたようです、良かったです~



でバスに乗って図書館と本屋と食材調達大急ぎで済まし、

1時間50分で帰宅しました。


ドア開けたら

ピィーピィーーーーキュワァ~~ン  と大歓迎されました、

1時間50分ぶりなのに  


部屋と玄関の間のパーテーションは突破されて倒れていて

玄関床のカーペットはひっかいた後でめくれておりました。。。




帰宅した時、ドアの外から耳を澄まして様子伺いしましたが

静かでした。


何とか鳴かなかったようです。。。

多分。。。。



外出する時、この方法は使えそうな気が。

シェルにもこの方法に慣れてもらおう~ !


         クリックお願いします
               ↓
          











*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう