Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

05月« 2018年06月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»07月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 数値結果が介護家族へのご褒美で♪

数値結果が介護家族へのご褒美で♪

薄曇りだったりお日様が出てたり、

但し風の強い日です。



我が家も今日という一日がしっかり始まっています。



シェルの一日も開始しています。 さっさとオチッコ。
180403_1250~01



人間の食べる物への執着は相変わらず。。。。

多分、永遠に変わらないだろう~ 


私がキッチンに立つと待機。

何ももらえないのにそれでも諦めずに待機して頑張る。。。
180406_0835~01
 


のうちにウトウト。。。
180406_0835~02




「あげませんよ~

これはおばあちゃん(母)のよ~ あなた食べたでしょ~」
 と

同じセリフ言われての毎朝。

聴いてない。。。   尻尾ブンブン  
180403_1300~01





今日の母は

起床時のベッド上での身体清拭の時、排便が始まる兆候があって、

そのままスッポンポンのまま車いすに乗せておトイレ移動。


間に合って Good job でありましたが、


ベッドに戻って更衣している間、

反応鈍く、どうも顔色が良くない・・・・

迷走神経反射を起こすかな・・・・ と案じつつ。。。


そのままベッドで休んでもらって、

今日の訪問マッサージもキャンセルして、

様子見ながら。。。


朝食をベッドで介助しながら、

この頃からは何故か反応十分で完食。 ありがたい。

で、そのままお元気ちゃんに回復しています 





母がいつも通りに戻っているので

急いで水曜日に受けた血液検査の結果を聞きに

クリニックに出かけてきました。


先生に数値を見ながら丁寧な説明を伺って。



夜になると上がる微熱に関しては

炎症反応を示すCRPも白血球数も問題なく正常でした。

この夜間微熱はこのまま様子見ということになりました。


コレステロール225(基準値130~219)だけが高めなれど問題なく。


肝臓・腎臓・血糖値・栄養共に基準値内で全く問題なく、

このままの食生活と日常を維持するということで。




良かった~  

こういう数値は

母を介護している介護家族である私へのご褒美でもあるのですよ。




この間40分の、母とシェルのお留守番でした。

帰宅すると玄関先で 

キュンキュン  言われてのシェルのお迎えでしたよ 


シェルも来週からフィラリアの本格治療開始です。




         クリックお願いします
              ↓
          









*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう