Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

05月« 2018年06月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»07月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … ワンがやって来た ♪

ワンがやって来た ♪

土曜日にワンが来た。


群馬県からはるばると。


亡くなったゆうちゃんのところのボランティアさんからだ。

「 DOG ReLIFE GUNMA



殺処分が迫っていた子。 (4頭同時持ち込みで2頭はすでに処分済み・・・)

もし預かりあるいは里親がいなければ殺処分予定。



金曜日保健所からの引き出し。

我が家での預かりということで。 




緊急に引き出してもらった。


ワンは人間の5倍の速さで命を駆け抜ける。

貴重な一日だから早く出してあげないとね。




決めたら早いよ、私  ということで

あっという間の展開でした。



名前は ”シェル”

8歳、メス。 フィラリアは陽性であった・・・
180331_1427~01


「ここがシェルのお座布団よ~」 「ここでいいの~ 」
180331_1611~01


早朝からふたりで運動に。 その後ベランダで。

「初めての風景だわ~  」
180401_1330~01



母の今朝のベッドでの起床介助中、

ひとりでしっかり自分用定位置で待機。

音に耳を澄ましています。
180402_0842~01

穏やかでかつ悠々として環境変化にも動ぜず、

いたずらもなく学習および運動能力高く、

何よりも人が大好き。


シェル、昔からここにいたっけ?! と思わず聞きたくなる、

まだ2泊3日なのに 



ひとつの命が助かった。



大切な命を授かった。(私が妊娠したわけじゃないけど  )

そんな感じで

アルツハイマー型認知症で高齢の母とシェルと私との、

さんにん生活が始まる 



             クリックお願いします
                  ↓
             

                   ↑ 亡くなったゆうちゃん画像。
            やって来たシェルがゆうちゃんそっくりで驚いた~~。













*** COMMENT ***

クロちゃんお母さんへ

コメント、嬉しいです~~e-328

今日で3泊4日ですが落ち着いていますね~
ワンがいてくれる母との生活。

母とワンがいてくれると
私の生きるモチベーションも上がりますですよ!
皆で幸せに暮らしたいと思っています。

外飼いのはずでしたが室内の生活に順調に順応してくれています。
人間大好きです。

ゆうちゃん、瑛太は病持ちでしたので
私はお世話係といいますか、ねえや・ばあや的でもありましたが
シェルはそれがなく、相棒という感じですね。

ほんと、シェルちゃん、何だか以前からここに居ましたよ♪的な落ち着いた雰囲気ですね。
シェルちゃんの笑顔が楽しみです。

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう