Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

06月« 2018年07月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»08月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 介護家族

介護家族

先週の金曜日、土曜日は朝の反応が悪く、

全然起床する気配を見せず、

訪問マッサージや「フェアー」遅刻だったのですが、

その後は問題なく声掛けに反応していつも通りの起床のルーティンです。


嬉しそうな仕草をしたり、お元気ちゃんであります。


あ~だったり、こ~だったりの変化がありますが

介護が必要な母のペースでやっていますよ。

私は母の介護家族ですから。



介護家族とは

介護が必要な家族の介護をする人のことです。



介護家族とは家族からの介護を必要とする人の、

自力では不可能となった生活と命を預かることです。


その人の運命を預かる、左右するということでもあります。

その人が幸せに生きれるのか、そうでないのかの鍵を握っています。



介護を必要としている人とただ同居しているだけでは

介護家族とは言えません。

介護放棄や虐待がありますから。



施設入所、長期の病院生活となった場合も介護家族とは言えません。

介助を含めた生活も命も第三者に委ねたのですから。

ただの家族になる選択肢でもあり,

介護家族という立場からの解放でもあります。



介護が必要な家族の運命を決定づける介護家族の使命は大きい。

やりがいも大きい。


但し、

介護家族か、あるいはただの家族か の選択は

ひとそれぞれであります。

今現在の自分の人生の中での優先順位で。



           クリックお願いします
               ↓
           
 










*** COMMENT ***

Mari さんへ

こんにちは~

母は重度の認知症で
その脳細胞は死滅したり機能しなくなったりの領域が大きいのです。

なので母の脳の中の”家族”というカテゴリーが
もう脳細胞領域からすっぽり欠落しているのですよ。。。
ですから懐かしいとか会いたいとかという感情も感覚もありません。

私のことも娘だとわかりません。
娘というものの概念が認知出来ないからです。

ただの家族になってしまっても
ただの身内になってしまっても
お母様は 他のお身内に 会いたいと思っていらっしゃるでしょう。

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう