FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

08月« 2018年09月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»10月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 帰るおうちがある感。

帰るおうちがある感。

昨晩は

母が「フェアー」お泊りなので、チョコ渡した後そのままその友人と飲み会。


以前から行きたかったお店に初めて行ってみた。

日本酒を熱燗で飲むお店。 錫チロリで丁寧に。

つまみは地産地消の手作り。
 

店主の人柄もあって楽しくおしゃべりのひと時でした。

いい処を見つけた感 



そして

心地よく酔っぱらって帰宅。


う~~んお布団敷くの面倒だな~ と

母のベッドに潜り込んで。


掛け布団は母の匂いがして、それを感じながら 





今日は授業を入れず、母が夕方戻るまで私用時間。


レッドオニオンの皮を煮だして。アントシアニン含量の玉ねぎ皮茶。
180212_1528~01



今日はウォーキングの時間を長くして、2回やりました。

暖かくなってのお天気のせいもあって。


踵で着地して親指中心に指で地面を噛んで蹴り上げて。。。。

吐く息吸う息をカウントしながら。。。。

顔に当たる風だけを感じて。。。。


これらを順番にひとつひとつにそれだけに集中して、繰り返して、

これらを通して身体の感覚を確かめながら。


歩きながらのマインドフルネス。




途中、母のいる「フェアー」に。


目を閉じていた母に話しかけて。

「Juliaですよ~~おかあさぁ~ん 」 と話しかけたら目を開けてくれて。


来たばっかり(私が)なのに

「おかあさん、私先に帰ってますから~ 後でね~ 

おかあさん帰ってくるの、お家で待ってますからね~ ご飯作って。

早く帰ってきてね~~待ってるからね~ 
 と言って。


母ははいという感じでうなずいていました。

私が話しかける言葉の中身も、自分の今いる状況もわかっています。


帰るおうちがある という感。




帰宅した母。

帰宅直前の「フェアー」で大量の排便があったそうです。              
                「連絡帳」とスタッフからの申し送り。

帰宅後も消化不良気味軟便が続きました。。。


今は落ち着いていて、消耗感も全くなく、

何回かに分けて少しずつ私に水分補給されています~




おかあさん、明日は訪問マッサージですよ~ 私はお仕事。

ふたりで過ごしましょうね~~ 




今日という一日が無事に終わりました、明日という一日のために。

この安ど感がたまらない。



        クリックお願いします
             ↓
        














*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう