FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

07月« 2019年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 週一キャンセルしていて

週一キャンセルしていて

青空が高く風強く。


母は三日ぶりに「フェアー」に。

お迎え時「フェアー」スタッフ(看護師さん)に

母の覚醒が続いていること、昨日排便がないこと を申し送りして。

「おかあさ~ん、行ってらっしゃい~ 




母の通所利用日は

火(入浴)・水(入浴)・金・土(入浴)の4日間。


このところ毎週一日は「フェアー」の通所をキャンセルしています。

11月頃から。


ウ~~ン・・・

週3日で、きちんとした曜日設定しようかな と考え中。


今現在、私の授業日は通所利用してもらってる日が多いのですが

私は授業中に母がそばにいても別に構わないし、

母も気にしないで落ち着いて待機していてくれてますから

どうしても通所 は必要ないのです。



時が流れて高齢化が進む母を見ながら

母との残り少ない日々を少しでも増やそう とも。


今月中に結論を出そう~!



今日は

母が出かけたすぐから授業が一つ。

終わってからバタバタと地域のコミュニティに出かけて、

ちょっと遅刻しながら。



写経とお念仏会。


それぞれ宗派もお寺も違う地元の老婦人たち、

全員70代以上?! 100歳超えた方もが (私が一番若い、多分)

月いち集まって。



みんなほぼ生まれが地元の昔馴染みだから

70超えても100歳超えても

アイちゃん、ヨリちゃん、、、、とちゃん付けで呼び合って

もう和やか


私は無宗教だけれど

住職の講話もあり、楽しみのひとつです。


会が終わった後のおしゃべりを途中で抜けて帰宅して

もうひとつ授業して。



生徒と入れ替わりに母が帰宅して。

排便も十分に済ませてきて、ご機嫌ちゃん 

明日は「フェアー」お休み日。



          クリックお願いします
               ↓
          








*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう