Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

06月« 2017年07月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»08月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 熱があったのですよ。。。

熱があったのですよ。。。

青空が広がるこちら地方です。


今日もなかなか忙しい一日ですが、

ま、この忙しさが大好きでありまして、

その24時間しかない忙しい中で

自分を育てることは優先して 


最優先は母ですが 





母はこの間体温が高めでした。。。。



通常平熱は36・4度か36・5度なのですが

36・7度あたりから37・3度あたりを行ったり来たり。


たまにこんな状態になります。



今まで大丈夫だったからといって

今回もそうなる とは限らず、

高齢の母を介護する中で慣れることはありませんね~


いつもドキドキしながら検温して

数字をみてトホホ・・・となったり、

あらま~良かったとホッとしたり の繰り返しです。




とりあえず受診はしました。

肺炎や尿路感染の疑いをもってみて。


咳・痰がまったくないこと、食欲旺盛なこと、消耗感ないことで

抗生剤の投与を見送って様子見することにしました。


安易に抗生剤や解熱剤の投与をしない主治医です 




今日は起床時からいつも通りの平熱でした 




お母さん、朝ごはんですよ~~ 
17,07,15

マッシュしたかぼちゃに粉砕したクルミのヨーグルト・マヨあえ。

マグロ赤身とトラウトサーモンのお刺身、細かくたたいて。

トマト・バジルにガーリックオイルで。

小豆入り玄米粥。

枝豆の生クリームポタージュ。サワークリームも乗せて。沈んでるけど。



Green Smoothie も。

バナナ・りんご・キュウイ・アルファルファスプラウト・フリルレタス。
170714_1133~02


食事で腸内環境整えて栄養つけてね~~



100兆個もの腸内細菌を抱えた腸は

体の免疫機能の中心的役割を持ち(免疫細胞が一番多い臓器)、脳との関わりも深い。 

との研究結果です。



介護家族の私が

アルツハイマー病で高齢の母にやってあげられることです。


母にやってあげられることの私の楽しみのひとつです 



          クリックお願いします
                ↓
            
          生徒からのお土産。 
          めざましい上達ぶりの生徒です。
















*** COMMENT ***

ルビーさんへ

ルビーさん、こんにちはe-343

コメント、ありがとうございます。

そうですね~
介護生活は私に多くのことを学ばせてくれています。

介護は生と死を見つめる作業です。
そして私自身が己と向き合う作業でもあるのです。

そこには死を迎えるまでどんな生を生きるかということでもありますしね。
その中で問題があったら解決する。その努力は惜しまないです。
だから愚痴もストレスもないのですよ。
受け入れる人生は楽しいですe-343

今は「フェアー」からの支援もとてもうまくいっています。
特に看護師さんが素晴らしいのです。
感謝なのですよ~ありがたいです。

猫ちゃんがいらっしゃるのですねe-343
いきものはいいですよね~
癒しとエネルギーの元です~e-328

暑い季節です。
お体大事にご自愛くださいませ。

ジュリアケリー様、こんばんわ。
お母様、お熱があったんですね。ご高齢の方の場合は、特に、いろいろな原因が考えられますから判断の難しいところだと思いますが、いつもジュリア様とフェアーの優秀なケアマネさんとで、何とかお薬に頼らないアプローチを選択されていて大変素晴らしいことと、常日頃感心しております。お母様をとても愛しく思って、考えうる限りの最善を尽くされているご様子(それも「しゃかりき感」がまったくない)に毎回感動しております。勉強熱心で、ご自分にも厳しい(ストイックな)ジュリア様、ご自分の来るべき老後に備えての新たなお勉強中なのですか? 病院にかかったりする時にも、やはり患者側もある程度の勉強(情報収集も含む)、知識がないと、自分が納得する医療は受けられませんね。いまは患者も賢くならないと…。とにかくジュリアさんのブログは今後の参考になり、かつ勉強にもなる、すごいブログです。
水頭症の瑛太くんも、いまは発作もなく元気な様子でなによりです。我が家は猫ちゃんですが、やはり保護された猫ちゃんを迎えています。これからもいろいろと参考にさせていただきたく、無理のない範囲でのブログの更新、楽しみに待ってます❗

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう