Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

10月« 2017年11月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»12月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … 母を知る友人BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 母を知る友人

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母を知る友人

あぁ~朝から素晴らしいお天気。

フットワークも軽し 


しかも母と瑛太がいてくれて

心地よく時間が流れていっている今日という日です。



母の晩ご飯
17,06,23

枝豆叩いてサワークリームと。 生姜とネギと大葉で鯵の叩き。

温奴にエリンギ・しめじのトロトロかけて。

合挽ミンチとニンニクと松の実の定番の玄米肉粥。

玉ねぎとグリーンアスパラの生クリームポタージュ。

Green Smoothie で果物と生野菜を。



「フェアー」お休みの母は今日も調子がいい 



訪問マッサージの時も

私が車椅子の横にひざまずいて、

「おかあさ~ん、マッサージの先生がいらしたわよ~

これからマッサージ受けて気持ちいいわよ~良かったわね~」
 と声掛けしましたら、


顔をこちらに向けて声は出さずとも、

目で 「はい」 と反応してましたから。


そんな普通のひと(認知症でない)のような反応に

マッサージの先生も驚いていました。


いつも母は 黙々 のひとですから。





午後から友人が来ました。遠方より。

他の所用で来たのでが

時間の隙間に我が家に立ち寄りでした 


10年来の、でも滅多に会えない、とても若い友人です。



母のことをとてもよく知っています。

昔私が仕事の都合で母の面倒を見られなかったとき、

私の代わりに母のそばにいてくれたりしてました。

とてもありがたかったですね。



今日は

数年ぶりの再会でおしゃべりに花が咲いて  

横で母は車椅子で穏やかに過ごしていました。




帰り際、 「お母さんの手を握っていいですか?」 と。

「もちろんもちろん、お願いします」 と。


友人は優しくしっかりと母の手を握っていました。



そして

「お母さんはもうボクのこと、覚えてないですかね~・・・」 と。

「私のこともわからないので覚えているわけありませ~~ん」 と 



数年前、

自力でスタスタ歩き、

学習療法の算数に夢中だった当時の母が思い浮びましたよ。

この友人は母のこの学習療法に付き合ってくれていました。


母は当時すでに十分なアルツハイマー型認知症でありました。



ボクちゃんもご挨拶したよ  

眠っているところをうちのJuliaに起こされて  ┐(´д`)┌ヤレヤレ

17,06,23


          クリックお願いします
                ↓
          
  









*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。