Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

04月« 2017年05月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»06月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 母に会いに病院へ。

母に会いに病院へ。

今日の午前中、

入院中の母に会いに行ってきました、マスクして。



私は

起床時に喉の痛みと軽い咳が残っていましたが、

今はそれもなくなり、

鼻水がたまにチョロチョロするくらいで呼吸も安定し、

消耗感もなく、完全復活です。




早朝には友人から採りたて地場野菜が届いて、

しばらくおしゃべりして 


午後は2時間半授業サクサクこなして 


自分の体力と回復力に感謝です。

予防医学に基づいた日常の生活習慣のおかげかな とも。



届いたお野菜、キャベツ・人参・小松菜・ほうれん草。
17,04,

Green Smoothie 大好きな母はいないのですがね。




病院を訪れた時母は傾眠中でした 


「おかあさ~ん」 と声掛けすると目を開けて。

パチクリパチクリ ・ ・ 

消耗感は見られず、表情ははっきりしてました。



ただ咳き込みます。 痰がゴロゴロと。


抗生剤投与の点滴を受けながら

入院してホントに正解でした。

まずは痰の吸引をしていただいて重症化が防げます。





母の手をスリスリしたり、足のマッサージもして。

母は気持ちよさそうにしていました。

「おかあさん~ 

帰ってきたらいっぱいしてあげますからね~
」 と声掛けながら。


母にいつもの感覚をしてあげましたよ。



母は重度のアルツハイマー病認知症なので

自分のいる場面が理解できず、わからないまま、

でもそのかわり不安もないようでした。


状況を受け入れてくれていて良かったです~




入院予定は5月12日まで。



この病院は摂食嚥下機能訓練と口腔ケアに専門の部署があり、

その指導を受けられることにもなりました、明日から。


私も参加して口腔ケアと食介の指導を受けます。

食事内容も専門的見地からの指導です。


なんたってありがたいです~



受けたいと思っていて、

かといってどこのどのチャンスで受けていいのかわからず、

結構思っているだけで終わっていて、


それが今回の母の入院がきっかけで

受けられるチャンスが来るとは思ってもいませんでしたから。


ちょっと ”不幸(母の入院)中の幸い(指導を受けられることが)” です。




高齢の、アルツハイマー病で脳梗塞の母との生活で

この指導はもはや必要不可欠です。 母の誤嚥を防ぐため。




しかしィ~

12日まで私は独身おひとり様生活状態。

介護生活の中で母の入院は初めてなのです。


あまりにも暇すぎる・・・・ 暇は苦手・・・・

で何をするかスケジュール表とにらめっこ中。


もちろん午前中の日課は病院の母に会いにいきます。



        クリックお願いします
             ↓
         











*** COMMENT ***

しいこねこさんへ

今晩は~

母がいないのでまだ起きてるわたしィ~e-458

私は今朝またぶり返しましたが
服薬して落ち着きました~

今週ばかりでなく、来週も丸々いない母です。。。長い、長すぎッ!!
介助がないので暇です。。。

母が帰ってくるのを待ってます~ e-343

NO TITLE

おはようございます。

お母様、入院されたのですか・・・
さらに、Juliaさんも体調不良との事。
(驚異の回復をされているようですが・・・^^)

どうぞどうぞお大事になさって下さいね。

お母様が、お元気で退院されますよう祈っています。

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう