Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

04月« 2017年05月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»06月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 母が入院しました。。。。

母が入院しました。。。。

母は緊急で受診して、そのまま入院しました。




今朝からの出来事。 

まず私編。


朝苦しくて私は布団の中で目覚める・・・・・・


母は木曜日から「フェアー」お泊りでいなくて

今日土曜日帰宅予定でした。



私は強烈な喉の痛みと熱感と息苦しさに目覚めて。。。。

ク、ク、クルピィ・・・・・ と。





昨日は夜

友人と市の公共施設で2時間卓球をし、

その後夕食しながら楽しんで、

偶然そのお店に来ていた生徒とその後輩たちとさらに一緒に飲んだり、

と楽しい時間を過ごし、

帰宅し、本を読んで布団に入り、

全く普通にお元気だったのにッ!



予兆が全くなかった朝の状態に

一体何なんだ。。。 と(風邪だわ。。。)と思いつつ、

まず頭の中に浮かんだのは

母のことと今日の授業の事。



授業は状態説明してキャンセル、後日に変更。


次に「フェアー」に電話して

状態説明して母のお泊り延長をお願いして。


肩でフウフウ・・・息しながら

ふり絞って喋る声はすっかり枯れてダミ声親父声になっていて。。。

電話中に咳まで出始める。。。




ところが

しばらくして今度は

「フェアー」にいる母が私と似たような症状を呈し始めて。。。。


潜伏期間を含めてふたり同時発症な感じ。。。。



そうこうしているうちに

さらに母は軽い迷走神経反射の発作を起こし、

非番だった看護師さんが駆けつけて様子見して

緊急受診を決定して母を連れて病院へ行ってくれました。


その時お電話頂いたようですが

私はフウフウ・・・・ 真っ最中で

布団の中で枕抱えて撃沈中・・・・




緊急受診した病院での母の血液検査で炎症反応が出て。


肺炎の可能性が高い。

原因はウイルス性の風邪か誤嚥性かはわからず。



炎症反応が上がる可能性があり入院決定。


私との介護生活、母にとって初めての入院です。



食事は月曜日まで中止して、点滴のみで。

月曜日に摂食嚥下の検査を受けてからの結果で再開予定に。

ここは摂食嚥下の専門医と担当看護師がいるところです。



お昼に行って検査を受けて

19時まで抗生剤投与の点滴を打って。

ず~と「フェアー」の看護師さんが付き添ってくださって。



看護師さんの判断で

母は重症化をまぬがれました。


「フェアー」の看護師さんの存在と母のラッキーさに感謝。




私の今現在は

母が入院決定と聞いた途端、

熱も下がり、咳も収まり の早ッ の回復傾向です。


平熱になったので動けます。

何が何でもガッツリ食して。

但し呼吸が苦しい・・・・ちょっと肩で呼吸中。


病気になってられないわ~ 介護家族は と。

病は気から 状態 



明日は完全復活していたい。

母の顔を見に病院に行かなくちゃ!!!!



          クリックお願いします
               ↓
           

        自分に関しては今回感染して(多分)、発症はしちゃったけど
        回復力の早さに感謝です。免疫力と体力は十分あるから。 
             












*** COMMENT ***

Yuyaさんへ

わざわざコメントありがとうございます!

私の方は今朝から呼吸も楽になり、
肩での息もなくなりました。
若干、肺に違和感を感じますが回復してますね。

小学低学年のお子さんがふたりいて、
しかも非番の日に出てきて、母の対応をしてくれた看護師さんです。
とても感謝なのですよ!!!

医療的なアドバイスは
専門職として彼女がくれますので
彼女との連携で私も助かっています。

Yuyaさん、今日も一日素晴らしい日をe-328
私も頑張りますッ!

大変〜

わわわ〜大変‼︎
Juliaさんも呼吸が苦しいなら大事にして下さいよ‼︎
まだインフルエンザになってる人もいます
高熱は注意が必要です

それにしてもすごい看護師さんですね
ずっと病院に付き添っていて下さるなんて

側にそんな看護師さんがいて下さってありがたいですね

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう